ホーム > 教育について > PGTプログラム > Tスキル

Tスキル

先人の知恵を
自己の生き方に活かす力

Tスキル(伝統力)とは、日本の文化や日本人の独自性(identity)を学ぶこと。秀明が大切にしている「心の学習」は、伝統文化の理解につながります。さまざまな分野の伝統に学び、地に足のついた生き方を確立していきます。

Tスキル

作法の中に「ことば」、伝承の中に「先人の知恵」を学ぶ

1. 瞑想の実践

瞑想の実践

心を落ち着けるために朝のホームルームや授業の開始時に行う瞑想。椅子に座り腹式呼吸をしながら、姿勢を正して集中力を高めます。

2. 心の学習(「心の教育」ではありません)

茶道の実践

日常生活で見聞きするさまざまな問題に対し、先人の知恵を活かしながら適切な対処の仕方を考えます。また、新聞記事を題材にして、命の大切さを学んでいきます。

3. 社会のマナーやルールを学ぶ

社会のマナーやルールを学ぶ

『クッキング・クラブ』では、楽しく料理し、栄養バランスや食品の正しい情報を得ることに加え、食を通して社会のマナーやルールを学ぶ機会を提供します。

4. 古典芸能鑑賞会

古典芸能鑑賞会

伝統芸能の鑑賞・体験を通して、歴史・文化的背景を学びます。

5. 秀明太鼓

秀明太鼓

学校行事で打ち鳴らします。太鼓の響きを聴いて親の願いと、本校で学ぶ目標を確認しています。

創立者の言葉より
  • 心を開いてあいさつをしよう
  • いたわりは人にも物にも草木にも
  • 感謝の心を持って生活しよう
  • 自分が幸せなのは、両親、祖父母、そのまた上の先祖が周りの方々に良くしていたからだと思うこと
  • 成功に至る第一歩は、自分が心に何を望んでいるかを見つけ出すこと

能の世界を通して日本文化の奥深さを知りました

戸祭 美優さん

2年 戸祭 美優さん(鎌ケ谷市立中部小学校出身)

古典芸能鑑賞会で、「能」を鑑賞しました。事前学習で、能面の一つひとつがすごくリアルで独特なことに驚き、また、面をかぶると視野が狭くなること、柱などを目印にしていることなどを知り、本番の舞台が楽しみになりました。鑑賞会では、表情のない面から感情を引き出す役者さんの演技に感動。日本文化の奥深さを学べてよかったです。