秀明大学学校教師学部附属 秀明八千代中学校

学校からのお知らせ

2021年度始業式

4月8日(木)、2021年度第1学期の始業式がコロナウイルス感染予防対策として放送で行われました。富谷中学校・高等学校長より「始業式のことば」として以下のような話がありました(要旨)。

<今年度の計は4月にあり>

『今年度の計は4月にある』と秀明では教えています。目標・決意を固める上で、ぜひ次のことを実行すること。

(1)将来の目標(志望職業)を必ず確認すること。

(2)目標を達成するために、今年度、自分がなすべきことを具体的に明記すること。

(3)学習計画は週、月、学期、年間ごとの到達目標をしっかり定めて立てること。

 4月中に今年度の「誓いの言葉」を「秀明の塔」に納めます。目標を見失った時や学業に行き詰まった時などは、「秀明の塔」の前で「誓いの言葉」を思い起こし、気持ちを改めて学業に取り組むことを望みます。

<心を開いてあいさつをしよう>

 各教室に「心を開いてあいさつをしよう」と掲示しているのは、「あいさつ」の大切さを理解して欲しいからです。あいさつには、「人との出会いを一生に一度のことと考えて大切にする」という「一期一会」の精神に通じる深い意味があるのです。

 秀明では《あいさつはその人の生い立ちや教養の現れ》としており、あいさつひとつでその人の印象が決まってしまいます。「こんにちは」や「さようなら」のたった五文字でもぞんざいにせず、一期一会を念頭に、心を開いて丁寧に、そして「自分から先に」あいさつをしましょう。

 一昨日、入学式が無事行われ、大きな希望を抱いた新入生を迎えることができました。「あいさつ」の手本を示し、良き先輩として親切に接しましょう。


生徒たちを迎える満開の桜

2021年度入学式

 4月6日(火)、2021年度入学式が、新型コロナウイルス感染予防のため、新入生と教員のみで体育館で行われました。  

 新型コロナウイルス感染予防のために国歌は放送での演奏に合わせて心の中で歌い、富谷利光中学校・高等学校長より式辞、川島幸希秀明学園理事長より祝辞が述べられました。続いて、中学1年生の吉本柚奈さん、高校1年生の髙𣘺侑充君が新入生を代表して誓いの言葉を堂々と述べました。最後に放送で校歌が演奏され、短い時間の中でも厳粛な式となりました。新入生の前途が希望に満ちあふれることをお祈りします。

2020年度修了式・第38回中学校卒業証書授与式

 3月19日(金)、令和2年度修了式が放送で行われ、富谷校長の「修了式のことば」と納谷生活指導部長から春休みの生活について注意事項の話がありました。また、中学生は続いて、令和2年度第38回中学校卒業証書授与式がスポーツセンターで行われ、担任によって全員が呼名された後、卒業生を代表して、総代の髙橋侑充君に卒業証書が授与され
ました。卒業生表彰は、特別教科優秀賞が髙橋侑充君に、教科優秀賞が田崎蒼馬君に、皆勤賞が酢﨑吏菜さんに、千葉県私立中学高等学校協会賞が戸祭美優さんにそれぞれ贈られ、最後に、富谷学校長より卒業生にお話がありました。

学校長の「修了式のことば」

<新年度に向けてスタートを切ること>
 秀明では「何ごとも始めと終わりがある。終わりの次には、また始めがくる。終わりのときには反省をし、次の前進のための目標と計画を立てる。『反省と計画』、『計画と反省』は表裏一体で、反省に基づいて次のスタートを切ることで前進があるのだ」と教えています。
 修了式にあたって、「新たな年度の始まりを迎えるのだ」と考えて、さっそく明日から、自分で立てた学習計画を自分の責任で実行することを心掛けましょう。

<善と悪の判断をもって、自律した生活を送ること>
 春休みは学年最後ということもあり、気の緩みがちな時期となります。本来は、進級するための大切な準備期間と考えるべきです。この1年間で成長した点、改善すべき点を自ら認識し、上級学年に進むという決意を固め、休み中も自律した生活を送ることが大切です。
 ところで「自律」とは何でしょうか。字のごとく、自らを律することであり、自分のわがままを抑えて行動するという意味です。皆さんならば、学校を離れても秀明の生徒としての自覚を忘れないということになります。どんな時も、善いことと悪いことの判断をもとに、正しい行動を心掛けなくてはなりません。では、「正しい行動」とは何でしょうか。それは、自分の行動が親を喜ばせるものであるということです。常に親への謝念、感謝の気持ちを忘れてはなりません。親は自分のことよりも子どものことを優先して子育てをし、子どもの成長を心待ちにしています。
皆さんが自らを律し、正しい行動がとれるようになった時、ようやく次の成長段階、もう一つの「自立」へと進むことになります。それは、「自分で立つ」自立、親の力を借りずに、自分の足でしっかりと立つこと。皆さんの目標はここにあります。秀明であれば「立つ」だけでは不十分、在学期間中に一人で走れる生徒の「徒」となることを切望しています。
 学校が休みでも、自分を律して正しい生活をすること。自分のことは自分ですること。そのようにして、一人前の「自立」した人間に近づいていて、頼もしい、成長したと親が実感できるよう、将来の目標に向けて積極的に行動する春休みとしましょう。

 緊急事態宣言が解除されますが、千葉県内では新型コロナウイルスの変異株が広がりつつあるという報道もありました。春休みとなりますが、引き続き自粛期間であることを強く意識し、健康面には特に気をつけ、4月には希望に満ちた笑顔で登校することを期待して修了式のことばとします。

校外学習を実施しました

中学校の校外学習を実施

 3月17日(水)、新型コロナウイルス感染対策を行った上で中学校は校外学習を実施しました。1年生はキッザニア東京、2・3年生はアクアワールド大洗水族館にそれぞれ出掛け、1年生はSDGs目標8「働きがいも経済成長も」、2・3年生はSDGs目標14「海の豊かさを守ろう」について、HRで事前に下調べをした上で実践的に学びました。

生徒の善行

 先日夕方、津田沼行路線バスを利用された女性の方から学校へお電話がありました。八千代緑が丘駅で下車する際にマフラーを落とし、それに気づいた本校の女子高校生がわざわざバスから降りて、女性を追いかけてマフラーを届けてくれたとのことでした。バスも発車せずに女子生徒が再び乗り込むのを待っていてくれたようで安心されたとのこと。特にお気に入りのマフラーだそうで、仕事の疲れも一気に吹き飛んだとの喜びの声を直接届けてくださいました。生徒の優しさと行動力に感謝します。

避難訓練が行われました

 2月9日(火)、不審者が学校に侵入したという想定で避難訓練が行われました。各教室では、教員の指示に従って前後のドアに机・椅子でバリケードを作り、不審者役の教員は、警報装置の情報をもとに現場に急行した教員らによってさすまたで取り押さえられました。その後、富谷校長から放送にて、2001年に大阪府池田市で起きた事件について話がありました。本校では、正門と裏門に守衛を常駐して不審者の侵入を防いでいますが、生徒たちは万が一不審者が校舎内に入ってきた時には、すぐに教室を施錠し、安全が確保されるまで待つことを再確認しました。

「Tosyotter(としょったー)」始めます(図書館)

 図書館では新年に何か新しいことをということで『Tosyotter(としょったー)』という本の紹介コーナーを新たに設置します。きっかけは、「委員会に入らなくても、気軽に図書館で本を紹介できるようなシステムが欲しい」という一般の生徒からの申し出でした。「本を気軽に紹介してほしい、本について気軽につぶやいてほしい」という思いからTosyotterは生まれました。

 詳しくは、「図書館だより1月号」に掲載しています。 

 自宅での時間を読書に活用することを願っています。

初心を常に確かめ学びを続けること―「3学期始業式のことば」

 1月8日(金)に予定されていた第3学期始業式は緊急事態宣言の発出により延期され、12日(火)に放送で行われました。富谷校長の「始業式のことば」の要旨は以下です。

<初心を常に確かめ学びを続けること>

 あけましておめでとう。感染への不安の中で冬休みを過ごしたことと思いますが、皆さんが健康で登校できたことを大変うれしく思います。

「一年の計は元旦にあり」と言いますが、心を引き締め、学ぶ目標を確かめることが大切です。

 ①新年になると、何事にも『初』という文字をつけますが、これは『初心に返る』ことです。したがって、皆さんが入学時に誓った『初心』は何であったのかを改めて確かめましょう。

 ②また、『新年』を『心念』『信念』と置き換えて、自分の学ぶ目的を常に心に念じ、それを達成するため『信念』を持って努力しましょう。

<知・技・心を鍛えること>

 新年に当たって、秀明学園の校訓である「知・技・心」を鍛える方法について確認をします。

「知」を高めるには、まず目標が必要です。次に計画を立てること。計画を立てる際は自分で案を作り、それを担任だけでなく教科の教員にも見てもらう。そして決断して実行する。このとき、日にちと時間の記録をしっかりとることが肝心です。わからない時も投げ出さず、考え続けることによって問題を解決する力が高まっていきます。

「技」は、鍛えた効果が最もわかりやすく現れます。基礎練習の反復で正確な形を身に付け、スポーツであればウエイト・トレーニングで汗を流し、限界に挑むことにより筋肉は盛り上がります。基礎基本ができあがってこそ、色々な技が展開できるようになるのです。英語も基礎基本の型を身に付けることで、必ず上達します。

「心」も、困難な状況の中で強くなります。日頃から善悪の判断をきちんと行うとともに、辛く苦しいことを理性で耐え忍ぶことで心が鍛えられます。誰にでも、自分の思うようにならず辛く苦しい時があります。そこで逃げ出さずに我慢する。この困難が自分を鍛え強くしてくれると考え、耐えてなお前向きであることが大切です。

 緊急事態宣言の中、授業や部活動、学校生活に制限があります。感染予防を徹底し、この困難を乗り越え、皆さんが今年一年、健康で、向上心を強く持って謙虚に学び、「前へ前へ 高く高く 強く強く」努力していくことを期待します。

富谷学校長の「2学期終業式のことば」

 秀明八千代通信でもお伝えした富谷学校長の「2学期終業式のことば」を紹介します。

 終業式を迎え、今年1年も残すところわずかになりました。この1年間、健康で勉強できたことに対して、まずご両親をはじめ皆さんを支えてくれた大勢の人たちに心から感謝をしてほしいと思います。そのためにも休み中は規則正しい生活をし、家の手伝いをして家族とのふれあいを大切にしましょう。

<通知表を見てしっかり反省すること>

 今日手渡される通知表ですが、秀明では、『通知表は、生徒の努力の結果を保護者に伝える目的で、学期ごとに家庭に届けているものである。この通知表を見て、しっかり反省し、次の学期に向けて新しい目標を定め、計画を立て、学習に取り組む決意を促す資料としてほしい』と指導しています。

 通知表の結果によっては、喜ぶ人も、がっかりする人もいることでしょう。しかし、その結果にとらわれて一喜一憂するのではなく、よかったことは「来学期もっと伸ばそう」、不十分だったことは「来学期こそよくしよう」と、前向きに考えることが大切です。不十分だった教科および分野は、複数の教員のアドバイスを受けて、この冬休み中にもうひと頑張りしておくことが大切です。

 特に「共通テスト」や「志望校の一般入学試験」にチャレンジする高校3年生は、綿密な計画を立て学習に専念し、自信を持って受験に臨むことを期待します。

<秀明の生徒を自覚して行動しよう>

 今年の新語・流行語大賞は「3密」。日本だけでなく、世界中が新型コロナウィルス感染拡大の猛威に今もさらされています。ワクチンの接種が始まった国もありますが、まだまだ予断を許しません。連日、暗い話題ばかりが報道される中、先日の「はやぶさ2の地球帰還」のニュースは一条の光明となり、日本人の心に射しこみました。

 5月まで臨時休校の措置をとったり、学校行事の中止や延期を決定したり、2学期末は再びの臨時休校と、本校にとってもこれまで経験したことのない1年を過ごしてきました。この冬休みも「ステイホーム」が求められています。皆さんは「善いことと悪いこと」「許せることと許せないこと」を念頭に置くことはもちろん、命と健康を守るために、いつもの年末年始とは異なる行動をしなければなりません。具体的には『自分の行動、決断を親が喜ぶのか』『これは、自分と周囲の命と健康を大切にすることなのか』を常に考えることが大切です。街中やインターネット空間での年末年始の特別な雰囲気に流されず、知性と理性を持った秀明の生徒であるという自覚を堅く持って、今年の冬休みを有意義なものとしなければなりません。コロナ禍といえども2020年の冬休みは1度きり、2度とない青春時代を無駄にする理由にはなりません。心の学習で培った想像力と思いやりを発揮して、自分はもとより、自分を支えてくれるすべての人々にとって喜ばしい新年となるよう、一日一日を大切に過ごしましょう。

 2021年、皆さんが新たな目標と希望を胸に、笑顔で正門をくぐってくることを心より願い、終業式のことばとします。

2020年12月24日   学校長  富 谷 利 光

サザンカ (花言葉は「困難に打ち克つ」

中学校で被爆者体験伝承講話を実施

 12月9日(水)午後、中学校の全生徒を対象に、被爆体験伝承講話が実施されました。

 講師の楢原泰一(ならはら やすかず)さんは、ヒロシマの被爆者から、その体験や平和への思いを受け継ぎ、被爆者に代わりそれらを次世代に伝えていく「被爆体験伝承」のボランティア活動を行っている方です。今回は、8歳(当時)で被爆した岡田恵美子さん(84歳)の体験を、写真やデータなどのスライド交えて伝えていただきました。

[生徒の感想]

「今回の伝承会では、核兵器の怖さ、それを受けた被爆者の気持ちなどを知りました。岡田さんの体験談を聞いたときは、『今こうして生きて、ちゃんとごはんが食べられることがどんなに幸せなことなのだろうか』と考えました。そして、楢原さんのように、自分にできる限りのことをしていきたいと思いました」(中1 男子生徒)

「私は、『この世界の片隅に』や『火垂るの墓』を映画で見たことがあり、戦争がどれほど恐いものか理解はしていましたが、実際に体験した人がいるという実感がありませんでした。今回は、実際に体験した方の話を伝承というかたちで聞き、『被爆者が体験した辛い思いは消えなくても、私たちができることをしていこう』と思いました」(中2 女子生徒)

「特に心に残ったのは、原爆の時に無事でも、その先、生きていくことが困難な人がたくさんいたということです。体が膨れ上がり半袖が着られなくなった人、病気になった人など、後遺症と一生付き合っていかなければならないのは大変だと思いました。戦争は二度とあってはいけません。命の大切さを確認するとともに、まわりにいる人たちを大切にし、たくさんの人を助けられるようになりたいと強く思いました」(中3 女子生徒)

講師の楢原泰一(ならはら やすかず)さん
上映されたスライドより(原爆で破壊される前の「原爆ドーム」)
現在世界で確認されている核弾頭の数は13,410個
講話の最後には生徒からたくさんの質問が挙がりました

入試に関するお問い合わせ

047-450-7001