秀明大学学校教師学部附属 秀明八千代中学校

学校からのお知らせ

中学3年生が秀明大学教授による理科の特別授業を受講

7月29日(水)、秀明大学の大山光晴教授が来校され、中学3年生にによる理科の特別授業『プラスチックを分類してみよう』を実施していただきました。
 身近にあるプラスチック製品を通して、プラスチックには、ポリエチレンやポリプロピレンなど様々な種類があることを確認。そのうえで、生徒にプラスチックの欠片が配付され、プラスチック製品と比較しながらどの種類のプラスチックなのかを予想しました。最後にレジ袋の有料化の動きに触れながら、生活の中でのプラスチックとの付き合い方について考えをまとめました。 

生徒からは「プラスチック製品を紙製品に替えることで、不必要なプラスチックを減らしていく」という考えや、「見た目が似ていても、違う種類のプラスチックがたくさんあることに驚いた」「身近にプラスチック製品がたくさんあり、プラスチックの使用について考えるきっかけとなった」などの感想が寄せられました。

入試に関するお問い合わせ

047-450-7001