秀明大学学校教師学部附属 秀明八千代高等学校

学校からのお知らせ

高校2年生が志賀高原でスキー修学旅行

2月15日(木)から17日(土)にかけて長野県志賀高原での修学旅行が実施されました。日本一標高の高いスキー場で、最高の雪質の中、スキー経験者はインストラクターによる実習を通じてさらに技能を向上させました。初めてスキーを履いた生徒達も徐々に慣れ、3日目にはボーゲンで滑れるようになりました。見学の生徒はかんじき作り、善光寺の観光、おやき村で昔ながらのおやき作りを体験し、伝統と歴史を感じることができました。クラスメイトと充実した時間を過ごした3日間でした。

「私はスキーをするのが初めてだったので、最初は不安でしたが、インストラクターの指導を受け、いざ滑ってみると時間を重ねる毎に上手くなっていくのが実感できました。修学旅行がなければ、スキーをすることはなかったと思うので、貴重な体験ができました。また、友人と一日中行動を共にするのは新鮮で、共同生活を通して友人関係が一層深まったように感じます。今回の修学旅行は、一生忘れられない思い出です。」(2年男子)

「怪我をしていた私は見学コースに参加しました。午前中は、ホテルで昔ながらの雪踏みかんじき作りを習い、自分で作ったかんじきを履いて実際に雪の上を歩くという、雪国ならではの貴重な体験ができました。午後からは以前から行きたかった善光寺にお参りに行き、その後、おやき村でおやきをみんなで協力して作りました。おやき村では、今でも囲炉裏で焼くという伝統を守っていて、焼きたての熱々のおやきを食べながら、地元の人たちの優しさにも触れられたのは、良い思い出となったと思います。」(2年女子)

入試に関するお問い合わせ

047-450-7001