秀明大学学校教師学部附属 秀明八千代高等学校

学校からのお知らせ

富谷学校長の「2学期終業式のことば」

 秀明八千代通信でもお伝えした富谷学校長の「2学期終業式のことば」を紹介します。

 終業式を迎え、今年1年も残すところわずかになりました。この1年間、健康で勉強できたことに対して、まずご両親をはじめ皆さんを支えてくれた大勢の人たちに心から感謝をしてほしいと思います。そのためにも休み中は規則正しい生活をし、家の手伝いをして家族とのふれあいを大切にしましょう。

<通知表を見てしっかり反省すること>

 今日手渡される通知表ですが、秀明では、『通知表は、生徒の努力の結果を保護者に伝える目的で、学期ごとに家庭に届けているものである。この通知表を見て、しっかり反省し、次の学期に向けて新しい目標を定め、計画を立て、学習に取り組む決意を促す資料としてほしい』と指導しています。

 通知表の結果によっては、喜ぶ人も、がっかりする人もいることでしょう。しかし、その結果にとらわれて一喜一憂するのではなく、よかったことは「来学期もっと伸ばそう」、不十分だったことは「来学期こそよくしよう」と、前向きに考えることが大切です。不十分だった教科および分野は、複数の教員のアドバイスを受けて、この冬休み中にもうひと頑張りしておくことが大切です。

 特に「共通テスト」や「志望校の一般入学試験」にチャレンジする高校3年生は、綿密な計画を立て学習に専念し、自信を持って受験に臨むことを期待します。

<秀明の生徒を自覚して行動しよう>

 今年の新語・流行語大賞は「3密」。日本だけでなく、世界中が新型コロナウィルス感染拡大の猛威に今もさらされています。ワクチンの接種が始まった国もありますが、まだまだ予断を許しません。連日、暗い話題ばかりが報道される中、先日の「はやぶさ2の地球帰還」のニュースは一条の光明となり、日本人の心に射しこみました。

 5月まで臨時休校の措置をとったり、学校行事の中止や延期を決定したり、2学期末は再びの臨時休校と、本校にとってもこれまで経験したことのない1年を過ごしてきました。この冬休みも「ステイホーム」が求められています。皆さんは「善いことと悪いこと」「許せることと許せないこと」を念頭に置くことはもちろん、命と健康を守るために、いつもの年末年始とは異なる行動をしなければなりません。具体的には『自分の行動、決断を親が喜ぶのか』『これは、自分と周囲の命と健康を大切にすることなのか』を常に考えることが大切です。街中やインターネット空間での年末年始の特別な雰囲気に流されず、知性と理性を持った秀明の生徒であるという自覚を堅く持って、今年の冬休みを有意義なものとしなければなりません。コロナ禍といえども2020年の冬休みは1度きり、2度とない青春時代を無駄にする理由にはなりません。心の学習で培った想像力と思いやりを発揮して、自分はもとより、自分を支えてくれるすべての人々にとって喜ばしい新年となるよう、一日一日を大切に過ごしましょう。

 2021年、皆さんが新たな目標と希望を胸に、笑顔で正門をくぐってくることを心より願い、終業式のことばとします。

2020年12月24日   学校長  富 谷 利 光

サザンカ (花言葉は「困難に打ち克つ」

中学校で被爆者体験伝承講話を実施

 12月9日(水)午後、中学校の全生徒を対象に、被爆体験伝承講話が実施されました。

 講師の楢原泰一(ならはら やすかず)さんは、ヒロシマの被爆者から、その体験や平和への思いを受け継ぎ、被爆者に代わりそれらを次世代に伝えていく「被爆体験伝承」のボランティア活動を行っている方です。今回は、8歳(当時)で被爆した岡田恵美子さん(84歳)の体験を、写真やデータなどのスライド交えて伝えていただきました。

[生徒の感想]

「今回の伝承会では、核兵器の怖さ、それを受けた被爆者の気持ちなどを知りました。岡田さんの体験談を聞いたときは、『今こうして生きて、ちゃんとごはんが食べられることがどんなに幸せなことなのだろうか』と考えました。そして、楢原さんのように、自分にできる限りのことをしていきたいと思いました」(中1 男子生徒)

「私は、『この世界の片隅に』や『火垂るの墓』を映画で見たことがあり、戦争がどれほど恐いものか理解はしていましたが、実際に体験した人がいるという実感がありませんでした。今回は、実際に体験した方の話を伝承というかたちで聞き、『被爆者が体験した辛い思いは消えなくても、私たちができることをしていこう』と思いました」(中2 女子生徒)

「特に心に残ったのは、原爆の時に無事でも、その先、生きていくことが困難な人がたくさんいたということです。体が膨れ上がり半袖が着られなくなった人、病気になった人など、後遺症と一生付き合っていかなければならないのは大変だと思いました。戦争は二度とあってはいけません。命の大切さを確認するとともに、まわりにいる人たちを大切にし、たくさんの人を助けられるようになりたいと強く思いました」(中3 女子生徒)

講師の楢原泰一(ならはら やすかず)さん
上映されたスライドより(原爆で破壊される前の「原爆ドーム」)
現在世界で確認されている核弾頭の数は13,410個
講話の最後には生徒からたくさんの質問が挙がりました

図書館に図書除菌機を導入

生徒の皆さんに安心して図書館を利用してもらうために、図書館では本の除菌機(LIVA図書除菌機)を導入しました。以下のような働きで菌を取り除きます。 「本の下から、ファンで風を送り、本に挟まったほこり等の不快な要素を除去するとともに、開いたページの隙間にも、各方面から紫外線(UV-C)を照射し、除菌効果を高めます。」 (図書館流通センターホームページより引用) 図書館では多くの人が本を共有するため衛生面が心配で借りるのをためらっていた人にも、安心して利用できるようになりました。読書の秋に、今まで以上に図書館を活用してほしいと願っています。

LIVA(リヴァー)図書除菌機
30秒で6冊の本の除菌が可能です

図書館内の机にも飛沫防止用パーテーションを設置しました

お~いお茶新俳句大賞に入選

 株式会社伊藤園が主催する「第31回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」の入賞・入選作が10月1日(木)に発表され、本校の田中翔瑛君(高校25組)の作品が、応募総数1954888句の中から、佳作入選を果たしました。

 田中君の作品は、次のとおりです。

 寒稽古 寒さを飛ばす 突き一閃(いっせん)

秀明大学教授による「ロボット講座」を開講

 9月25日(金)、秀明大学の大山光晴教授にご来校いただき、本校生徒の希望者を対象に、「ロボット講座」が開かれました。 講座では、教材として小型で多機能な人型ロボット「ロボホン」を使用。生徒たちは教授からプログラミングの初歩を教えていただきました。 1か月後には、生徒が作成したオリジナル・プログラミングの発表会を開催予定です。

卒業生の大矢英代さん(19期生)のインタビュー記事が新聞に掲載

本校の中学・高等学校に在学し、明治学院大学文学部卒、早稲田大学大学院政治学研究科(ジャーナリズム修士)を修了し、現在フリーランスジャーナリストとして世界で活躍している大矢英代さん(19期生)のインタビュー記事が、9月23日(水)の朝日新聞夕刊に掲載されました。 大矢さんは、今年2月には、沖縄・八重山諸島の知られざる沖縄戦「戦争マラリア」を追った10年間の取材記録『沖縄「戦争マラリア」』(あけび書房)を出版し、第7回山本美香記念国際ジャーナリスト賞・奨励賞を受賞しました。 コロナ禍の今こそ、「個を犠牲にし、異質なものを排除しようとする日本社会」の問題点を戦時中の惨禍から学ぶ必要性を訴えています。 「朝日新聞デジタル 個を犠牲にし排除、繰り返される歴史 沖縄の『戦争マラリア』の記憶 ジャーナリスト・大矢英代さん(2020年9月23日)」

2019年「秀明八千代高等学校同窓会報」より

オンライン保護者会のご案内

保護者各位

残暑の候、皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

また、日頃から秀明教育にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

さて、今年度二度目となる保護者会を、下記の通りオンラインで開催いたします。ご多忙の折とは存じますが、是非ともご参加くださるようご案内いたします。

             記

1.日  時  9月5日(土) 10:00~

2.内  容 

  10:00~10:10  校長の話
  10:10~10:20  学年主任の話
  10:20~10:50  秀明大学教育研究所所長
               百瀬明宏教授 講演
             「進路選択で成功するために
              ~これからの大学進学~」

3.視聴方法  YouTubeの限定公開で動画を配信
     (上記時刻以降9月6日までご覧いただけます
      ので、ご都合のよいときにご視聴ください。)
      URLは9月4日に一斉メールでお知らします。

日刊スポーツに掲載

8月25日(火)の日刊スポーツに、本校の女子野球部が掲載されました。

女子野球部がヴィーナスリーグの代替大会で入賞

8月8日より、ヴィーナスリーグの代替大会であるKWBF(関東女子硬式野球連盟)高等学校女子硬式野球大会が埼玉県加須市で開催されました。 予選リーグでは、横浜隼人高等学校に2対0、駒沢女子高等学校に3対1で勝ち、開志学園高等学校(新潟県)に0対1で負けましたが、叡明高等学校に3対3で引き分けたため、決勝トーナメントに進出しました。 準決勝はクラーク記念国際高等学校(宮城県)に0対3で敗れましたが、3位に入賞しました。

中学3年生が秀明大学教授による理科の特別授業を受講

7月29日(水)、秀明大学の大山光晴教授が来校され、中学3年生にによる理科の特別授業『プラスチックを分類してみよう』を実施していただきました。
 身近にあるプラスチック製品を通して、プラスチックには、ポリエチレンやポリプロピレンなど様々な種類があることを確認。そのうえで、生徒にプラスチックの欠片が配付され、プラスチック製品と比較しながらどの種類のプラスチックなのかを予想しました。最後にレジ袋の有料化の動きに触れながら、生活の中でのプラスチックとの付き合い方について考えをまとめました。 

生徒からは「プラスチック製品を紙製品に替えることで、不必要なプラスチックを減らしていく」という考えや、「見た目が似ていても、違う種類のプラスチックがたくさんあることに驚いた」「身近にプラスチック製品がたくさんあり、プラスチックの使用について考えるきっかけとなった」などの感想が寄せられました。

入試に関するお問い合わせ

047-450-7001