ホーム > お知らせ > 中学2年生が秀明大学の特別授業に参加

ニュース&トピックス

中学2年生が秀明大学の特別授業に参加

6月18日(火)、中学2年生がPGTプログラムの一環として、秀明大学の田中元教授による理科の特別授業「慣性の法則」に参加しました。「慣性の法則」をテーマに様々な実験をしていただき、実験が成功するたびに生徒は驚きの声を上げていました。特に、球の落下速度と時間の計測実験では、タブレットを用いて班ごとに協力して取り組み、どんな物でも等しい大きさの重力がかかっていることが分かりました。

生徒の感想文では「どの実験も面白くて、楽しく学ぶことができました。」「重いもののほうが早く落ちると思っていたので、今回の実験で慣性の法則を理解することができて良かったです。」などとあり、楽しく学べた様子が伝わってきました。