ホーム > お知らせ > 中学1年生が秀明大学、星野由子准教授による英語の特別授業に参加

ニュース&トピックス

中学1年生が秀明大学、星野由子准教授による英語の特別授業に参加

2月15日(金)、PGTプログラムの一環として、秀明大学の星野由子准教授による英語の特別授業「英語を英語らしく発音してみよう」に中学1年生が参加しました。普段、日本人が発音することの無い「th」や「v」の発音をマスターするのが今回の授業の目標です。授業では、まず「s」と「th」、の発音を聞き分けるゲームから始まりました。全員流れてくる音声に必死に耳を傾け、見事正解した生徒も残念ながら不正解だった生徒も笑顔でゲームを楽しみ、発音について意識を高めることが出来ました。

そして、いよいよ今日のテーマである「英語らしい発音」にチャレンジしました。「s」と「th」だけでなく、「b」と「v」の発音の違いにも触れ、発音のコツを学びました。多くの単語を繰り返し発音し、練習することで、2つの音を聞き分けられる生徒もどんどん増え、練習問題では自信にあふれた生徒たちの表情が印象的でした。

授業を終えた生徒の感想には、「4月にはイギリス英語研修があるので、それにむけて発音の練習が出来てよかった」「イギリスでは、今日習った発音を活かせるようにこれからもっと練習をしたい」など、イギリス英語研修に向けて前向きに学習しようとする感想が多く見られました。また、「英語検定の面接試験では、今日学んだ発音を意識して合格できるようにしたい」「英語の音楽を聴くことがあるので、発音に注意して聴くようにしたい」など、それぞれの目標に向かって努力しようとする生徒の声も聞こえました