ホーム > お知らせ > 中学3年生が大学特別授業に参加

ニュース&トピックス

中学3年生が大学特別授業に参加

11月5日(月)、中学3年生が、「PGTプログラム」の一環として、秀明大学の中網栄美子講師による社会科の特別授業「法学の世界~日本国憲法と人権~」に参加しました。

まず始めに、なぜ中学でも高校でも大学でも憲法を勉強するのかということに対して、憲法は国の最高法規であるから、また、日本国憲法の他にも様々な法律があるが、なぜ法を学習する必要があるのかということに対しては、「社会あるところに法あり」と言われるように、集団生活を送るために守るべきことを学ぶ必要があることを学習しました。

特に、「表現の自由」については、保障されてはいるものの、何を言ってもいい訳ではなく、他の人の基本的人権も尊重しなければならないことを具体例を通して考えました。

生徒の感想には「具体的に説明してくださったので分かりやすかった」「普段の授業とは違った内容だったので面白かった」「もっと法律を勉強しようと思った」などとあり、日本国憲法と人権に対する興味が高まったようです。