ホーム > お知らせ > 中学2年生が秀明大学の特別授業に参加

ニュース&トピックス

中学2年生が秀明大学の特別授業に参加

7月13日(金)、PGTプログラムの一環として、秀明大学の渋谷百合絵専任講師による国語の特別授業「宮沢賢治の世界を楽しもう!」に中学2年生が参加しました。宮沢賢治の小説「祭の晩」を題材にして、賢治が祭りという行事や神様に対してどのような思いを持っていたのかを考えることがテーマです。授業は渋谷先生の朗読で始まり、生徒たちは作品の世界に引き込まれていきました。続いて、小説の表現や当時の祭りの映像などから登場人物の山男にどういう意味があるのかをグループで話し合いました。グループ毎の発表から山男の正体が山の神だとわかり、昔の日本の神様は身近な存在だったことが実感できました。

生徒の感想には、「神である山男が愛嬌のある存在だったので、神様という存在に親しみを感じました」「宮沢賢治の作品に触れて、他の作品も読んでみたいと思いました」「宮沢賢治の独特の世界観のルーツが分かった気がしました」などとあり、Tスキル(伝統力)を高める機会にもなりました。