ホーム > お知らせ > 中学3年生が秀明大学の研究室を訪問

ニュース&トピックス

中学3年生が秀明大学の研究室を訪問

2月8日(木)、中学3年生が、PGTプログラムの一環として秀明大学の研究室訪問を行いました。今回は昨年の12月に引き続き2回目の訪問となります。生徒たちはグループごとに研究室を訪問し、調べ学習の成果を大学の先生に報告するとともに、さらに学習を深めていくためのアドバイスをもらいました。生徒の感想には「私は『錯視図形』について調べてきました。先生は視覚に関する不思議な現象を分かりやすく話してくれ、とても参考になりました」「研究室訪問では自分で調べたこと以上のことが分かり、嬉しくなるとともにもっと知りたいと思うようになりました」「発表するときは、理由をつけて相手に伝わるようにする事と、感情を持った声で発表できるようにする事を頑張りたいと思います」などとあり、それぞれが充実した時間を過ごすことができたようです。

01

02