ホーム > お知らせ > 中学2年生が秀明大学、大山口菜都美講師による数学の特別授業に参加

ニュース&トピックス

中学2年生が秀明大学、大山口菜都美講師による数学の特別授業に参加

1月30日()PGTプログラムの一環として、秀明大学の大山口菜都美講師による数学の特別授業「トポロジー(Topology)~柔らかい幾何学(位相幾何学)~」に中学2年生が参加しました。生徒たちは2学期の数学で「合同」の授業を受けたばかりだったので、「ドーナツとマグカップは『合同』ではないけれども、トポロジーの考え方ではドーナツとマグカップは同じである」という考え方に大変驚いていました。しかし、紙粘土や折り紙、図を使い、わかりやすく説明してくださった結果、トポロジーという考え方が少しずつ理解できるようになっていきました。授業の後半では「オイラーの多面体定理」や「メビウスの帯」にも触れ、生徒達は数学の世界に引き込まれていきました。生徒の感想からは「こういう数学的な分野があることを知り、数学に興味を持つことができました」「こんなに数学の勉強が面白いと感じたのは初めてです」など、数学への興味、関心を高める授業となりました。