ホーム > お知らせ > 2017年

ニュース&トピックス

イギリス英語研修 中学二年生はヒースロー空港を出発しました。

中学2年生はイギリスのヒースロー空港を出発しました。現在の到着予定時間は多少早まり14時40分です。変更がありましたら、またご報告します。

2年生、イギリス英語研修からの便り②

土曜日にはロンドンに行ってきました。当日の朝、霧雨が降っていたので心配でしたが、ロンドンの街中では快晴だったので良かったです。ビッグベンやロンドンアイ、バッキンガム宮殿やウェストミンスター寺院を見た時には、本当にイギリスに来ているという実感が湧いてきました。ショッピングではフォートナムメイソンなどの有名な店で買い物が出来ました。日本とは違う建物や街の雰囲気がとても興味深かったです。ぜひまた訪れてみたいと思います。

ビック弁 バッキンガム ウロ・大木 5人女子

 

中学2年生のロンドン小旅行

ロンドン小旅行から無事にカレッジに戻りました。

イギリス英語研修、ホームスティへ出発

中学2年生のイギリス英語研修も後半となり、いよいよホームスティです。

ホストファミリーとは緊張の対面でしたが、生徒の名前が呼ばれると皆からの拍手で送られ、とても和やかな雰囲気の中で各家庭へと出発していきました。翌朝、カレッジへと登校してきた生徒たちは、ファミリーとの楽しかった話を教員に教えてくれ、スムーズにホームスティが始まった様子です。

106 105 104 103 102 101

 

2年生、イギリス英語研修からの便り

イギリスに来て3日が経ちましたが、クラスのみんなと毎日楽しく過ごしています。今はチョーサーカレッジカンタベリーの寮に住んでいて、部屋もきれいでとても過ごしやすいです。先日、カンタベリーの街で飲み物を買いましたが、イギリス人の店員さんと会話しながらイギリスの通貨で買い物をできたことがうれしかったです。明後日からホームステイが始まるので今から緊張していますが、積極的に英会話をして英語力を高めていきたいと思います。

大聖堂3 食堂女子

中学2年イギリス英語研修

中学2年生は全員無事にイギリスに到着し、研修をスタートさせました。

2年生がイギリス英語研修に出発しました

2年生が、羽田空港国際線ターミナルから笑顔で出発しました。

代表生徒は「いよいよイギリス英語研修に出発の日になりました。校長先生をはじめ、諸先生方のこれまでの指導を忘れず、イギリスでの2週間を有意義なものにしたいと思います。家を離れての生活は少し不安もありますが、友達とともに体調を崩さないよう元気にイギリスに行ってきます。最後にこのような機会をあたえてくださった両親に感謝して、出発の言葉といたします。」と、決意を述べました。

IMG_2283

中学2年生が、佐倉市の国立歴史民俗博物館を見学

3月15日(水)に、PGTプログラムの一環のglocal(global&local)プロジェクトとして、2年生が佐倉市にある国立歴史民俗博物館を見学しました。

始めの1時間は、スタッフの方から『読み解き洛中洛外図屏風』講座をしていただきました。描かれた人々をながめていくと、いろいろな服装やかぶり物をした人がいて、生徒は興味津々。プロジェクターで拡大しながら室町時代の暮らしを考察し、「うなぎのような弓のようなものが売られています」「けまりで遊んでいる貴族のような人たちがいます」など自分達でたくさんの発見をしました。

館内見学では、興味のわくエリアもそれぞれで、以前来たことのある生徒も授業で歴史を学んできた直後ということもあり、より深く考察をしていきます。ワークシートを用いて問題を解き進めながらの見学で、友人と話し合って館内のたくさんの展示物から次々に答えを見つけていく姿が見られました。

生徒の感想には、「江戸時代のブースではキリストの踏み絵や、当時の人々の様子、他にも伊能忠敬の歩幅など興味深いものが多かった」「寺子屋体験では、昔使われていたくずし文字を学び、なぜそのくずし文字が使われていたのか、どのようにしてできたのかを詳しく教えてもらって楽しかった」「最後に見に行った小学4年生の頃は全くわからなかったたくさんの資料も、一つ一つ意味があるものだとすごく感じました」など、歴史への興味、関心をさらに高めるきっかけとなりました。

sうh

 

 

 

 

 

 

中学3年生が秀明大学、上野美穂子准教授による国語の特別授業に参加

36日(月)に、PGTプログラムの一環として、秀明大学の上野美穂子准教授による国語の特別授業「遊ぶ日本古典文学」に中学3年生が参加しました。古くから伝わる日本の遊びを通じて、古典文学に親しむことが目標でした。

現代のお手玉に相当する「石なご」や、矢を壺に投げ入れる「投壺(とうこ)」、台の上の的に向かって扇を飛ばし、その落とし方の美しさの優劣を競う「投扇興(とうせんきょう)」など、古典文学に登場する様々な遊びを実際に体験しながら、古典文学や当時の日本の風習などを学びました。生徒達は一生懸命に遊び、5つ用意された香をかぎ分ける「源氏香」では真剣に匂いをかいでいました。最後は、自分たちのオリジナル練香を作り、笑顔で学校に戻りました。

生徒達の感想には、「昔の日本の遊びについて学び、昔の人もいろいろな遊びを考え遊んでいたと思うとなんだか親近感が湧きました。」や「美を追求した遊びは本当に日本人らしいとも思いました。遊びだけではなく、様々なことを受け継ぎ、次の時代に託していくことが大切だと感じます。とても楽しい授業でした。」とあり、みやびな遊びを楽しみながら日本の文化について理解を深めたことがうかがえました。

IMG_8606 (2) IMG_8576

吹奏楽部 第20回定期演奏会のご案内

3月26日(日)、13時より八千代市市民会館大ホールにおいて第20回定期演奏会が行われます。日頃の練習の成果を披露しますのでぜひご来場ください。入場料は無料です。
皆様のご来場を心よりお待ちしています。

日時 2017年3月26日(日)
開場 12時30分(開演:13時00分)
場所 八千代市市民会館大ホール
客演 泉俊介(サキソフォン奏者/本校卒業生)
賛助出演 本校吹奏楽部卒業生
友情出演 青木良実(琴演奏/本校国語・書道非常勤講師)
曲目 輪廻の八魂、ソーランファンク、序曲「ピータールー」(歴代の卒業生とともに)他