ホーム > お知らせ > 中学2年生が、佐倉市の国立歴史民俗博物館を見学

ニュース&トピックス

中学2年生が、佐倉市の国立歴史民俗博物館を見学

12月15日(金)、PGTプログラムの一環として、中学2年生が佐倉市にある国立歴史民俗博物館を見学しました。

まず最初にガイダンスルームで、本日の見学のメイン会場となる第6展示室(現代)の展示内容について、「戦う兵士の誕生」というテーマで、市民が徴兵検査を受け、兵隊になっていく過程や入隊後の生活について詳しく説明をしていただきました。生徒たちは兵士の食事や訓練の様子など、教科書には載っていない史実の数々の説明を食い入るように聴き、早く展示を見たいという気持ちが高まった様子でした。

続く館内見学では、ワークシートを用いて戦時中の生活について館内フィールドワークを行いました。生徒の感想には、「小学生の頃来た時はよくわからなかったことが、今日見て分かるようになったのはよかったです」「戦前、戦中の食糧事情について展示物や資料でよく理解できました」「兵士の生活を具体的に知ることで、普段よりも深く歴史を知ることができました」などとあり、歴史への興味、関心をさらに高めることができました。今後生徒たちは、家族や親類への聞き取り調査を行い、戦時中の暮らしについてさらに深く学んでいく予定です。

01020304