ホーム > お知らせ > 2017年

ニュース&トピックス

第5回中学校説明会を開催しました。

11月12日(日)、10時より本校にて第5回中学校説明会を開催しました。今回は、「秀明の 文化の薫り高き1日」を過ごしていただく特別プログラムをご用意しました。

前半、保護者の方は3グループに分かれ、中学校の特色・入試の説明、インターネット出願の説明、児童の授業見学を行いました。児童の方は、2グループに分かれ、英会話の体験授業と入試対策の英語のレッスンに参加しました。

 後半は、秀明大学へ移動し、秀明大学教授の富谷校長による大学祭ツアーを実施しました。まず、日本選手権優勝の女子水球部が活動するウォーターポロアリーナを見たあと、ビオトープなどを見学しながら学校教師学部棟へ進み、英語・数学・プラネタリウムの企画で自由行動をしました。次に、理科の学生たちによる「わくわくサイエンスランド」の見学をし、続いて、国語の学生による落語の実演を鑑賞しました。児童たちは、「英語のゲームが楽しかった。」「顕微鏡がすごかった!」「はじめて落語を見ました!」と目を輝かせていました。

ツアーの解散後は、大学学生食堂や国際色豊かな模擬店でお食事も楽しんでいただきました。

11月25日(土)10時より入試直前学習会を実施します。国語・算数・英語の入試対策 を行いますので、是非ご参加ください。

 

 

 

中学3年生が救命入門コースに参加

昨日11月9日(木)の5・6限に、本校の柔道場において、八千代消防所睦分署の方々による中学校3年生を対象とした救命体験が行われました。生徒たちは倒れている人を見つけてから救急隊が到着するまでの手順を教わり、胸骨圧迫の仕方やAEDの使い方を実際に体験しました。講習終了後には受講者全員に『救命入門コース参加証』が交付されました。

生徒の感想には「機器の取り扱いや胸骨圧迫は難しかったけれど、良い体験になりました」「救える命を一つでも増やすために、今日体験したことをしっかり覚えておきたいです」などとあり、貴重な体験となったようです。

03 02 01

今後の予定

12月の予定

日にち 曜日 行事内容
1 中学入試(専願)(自宅学習日)
2 第5回高校説明会
4 期末考査
5 期末考査
6 期末考査
8 秀明大学学校教師学部公開研究授業
11 高校2年球技大会
12 高校1年球技大会
20 終業式、冬期講習
21 冬期講習、三者面談
22 冬期講習、三者面談
23 冬期講習、三者面談
24 冬期講習

吹奏楽部、千葉県アンサンブルコンテスト西部地区予選で運営スタッフとして活躍

11月4日(土)、11月5日(日)、本校スポーツセンター1階において、第43回千葉県アンサンブルコンテスト西部地区予選が行われました。

この2日間、出場者と来場者を合わせて約2,200名が来校し、本校吹奏楽部卒業生、秀明大学吹奏楽部員とともに運営のスタッフとして活躍しました。
大会終了後、千葉県西部地区吹奏楽連盟の役員の先生方から「秀明八千代高校吹奏楽部の生徒さんのお陰で大会がスムーズに進行することができました。駐車場、受付、出演者の誘導など、卒業生の方々と生徒さん達の心あるきめ細やかな配慮に感謝しています。本当にありがとうございました。」と、お褒めの言葉をいただきました。

中学テニス部 県秋季テニス選手権男子シングルス・ダブルス制覇

11月4日(金)・11月5日(土)、千葉市稲毛区の高浜テニスコートならびに千葉市中央区のフクダ電子ヒルスコートにおいて、第24回千葉県中学生秋季テニス選手権大会(個人の部)が行なわれました。

男子シングルスでは、第1シードの中臺凱翔君(中学2年小池学級)が圧倒的な強さで順当に勝ち進み、決勝では専大松戸中学の選手との接戦を制し、見事優勝しました。中山遼比古君(2年小池学級)も粘りをみせて3回戦まで勝ち進み、ベスト32と健闘しました。

また、男子ダブルスでも、中台・中山ペアが見事-なコンビネーションで優勝を果たしました。シングルス・ダブルスともに優勝は創部以来初の快挙です。

11月12日(日)第5回中学校説明会を実施します。

11月12日(日)午前10時より、第5回中学校説明会を行います。

今回は、「秀明の 文化の薫り高き1日」を過ごしていただく特別プログラムです。

 

・午前10時より、中学校の特色・入試についての説明

・児童には、英会話のレッスン

・12月1日専願入試出願の方は、インターネット出願のご案内・お手続き

 

・秀明大学へ移動(無料送迎バスまたは自家用車にて10分)

・大学祭見学ツアー(秀明大学教授の富谷校長がご案内します。小学生向けの企画もあります。)

・大学学生食堂にてお食事(無料)

・その後、自由参観

・バスでお越しの方は、大学より【八千代緑が丘駅・勝田台駅・新鎌ヶ谷駅】へ無料送迎バスを20分間隔で運行していますのでご利用ください。

中学1年が秀明大学、小林延人准教授による社会科の特別授業に参加

112日(木)、「PGTプログラム」の一環として、東京大学南原繁記念出版賞受賞歴をお持ちの学校教師学部・小林延人准教授による社会科の特別授業「江戸時代のお金のしくみ」に1年生が参加し、江戸時代に使われていたお金の単位や種類、そしてお金の使われ方について学びました。生徒の感想には「江戸時代の金貨や銀貨には製造した人の名前が書かれていることに驚きました。」「計量銀貨は切って重さを量って使うことがわかりました。」「昔の人たちが、使っていたお金を繰り返し作り直して使っていると思うと、現代のお金が貴重だと感じました。」「当時の生活スタイルとお金の使い方について非常に関心を持ちました。」といったものがありました。

大学1 大学2 大学3 大学4

 

勝田台ステーションギャラリーで中学生作品展を開催

 11月1日(水)から11月6日(月)まで、勝田台駅地下コンコースの「勝田台ステーションギャラリー」(京成勝田台駅改札の向かい側)で、中学生の作品展を開催します。 文化発表会で展示をした1年生の「和食の科学」と2年生の「イギリス研究」、3年生の「職場体験」をさらに磨き上げての作品発表です。秀明大学学校教師学部のインターン生がご案内、ご説明をします。

ぜひお立ち寄りの上ご覧ください。

なお、時間は、10:00~18:00(6日は10:00~16:00)です。

差し替え用

中学3年が秀明大学、J. Bury准教授による英語の特別授業に参加

「PGTプログラム」の一環として、秀明大学のJ. Bury准教授による英語の特別授業「動物のイディオム」に3年生が参加しました。授業では、はじめに英語による動物当てクイズを行いました。単純な単語クイズは皆スムーズに答えていましたが、英語で質問し、その答えから動物を当てるクイズでは悪戦苦闘していました。つづくリスニング問題では、動物を話題にした英会話を録音したCDの聞き取りを行いました。それは、周りの雑音や笑い声などが混じったものだったので、普段よりも生徒たちは一生懸命集中して聞いていました。最後の生徒同士の英会話では、単語や「Yes」「No」で会話を終わらせない、英会話の型を学びました。

生徒の感想には「同じような生き物でも英語では呼び方が違うことに驚きました」「質問に答えるときの方法を教わったおかげで会話がスムーズに進んで、友達の意見もたくさん聞けて楽しかったです」「英語の中にもまだまだ知らないことがあり、すごくいい勉強になりました」などと書かれており、発見に満ちた新鮮な体験となったようです。

001002003004

中学2年が秀明大学、清水克志准教授による社会の特別授業に参加

PGTプログラム」の2年生のテーマは「グローカル―郷土、日本から世界を知る」(グローカルは、グローバルとローカルを合わせた造語)です。そこで今回は秀明大学学校教師学部の清水克志准教授から、「ジャガイモとサツマイモの歴史地理」という内容で、ジャガイモとサツマイモが海外から日本へ普及したいきさつを通して、世界と日本の関係、日本の歴史や地理、食文化を学びました。今年4月のイギリス英語研修での経験から、日本と比べイギリスのジャガイモの消費量は6倍という話を聞き、確かにその位だろうとうなずく生徒が多くいました。生徒の感想には「ジャガイモはアンデス山脈原産で、寒い所が適していて、サツマイモはメキシコ周辺が原産で、暖かい所が適していることを今回の授業で知り、納得することができました」などと書かれており、今まで別々に学んでいた歴史や地理の学習が関連していることに多くの生徒が気づいたようです。