ホーム > 教育について > 学習指導

学習指導

きめ細かな学習指導

教育の重点を知力の充実におき、生徒一人ひとりの到達度に応じた、きめ細かい指導で基礎・基本を身につけさせると同時に、確かな思考力・創造性豊かな学力を育みます。

到達度別学習

ムリ・ムダ・ムラのない学習

中学校課程では、英語・数学・国語の3教科、計14時間をホームルームクラスとは別に、少人数の到達度別の授業クラスを編成して、理解しやすい学習を展開します。この授業クラスは、生徒の学力向上に応じて、学期ごとに組み替えます。

レジュメ学習と検定テスト

学習内容の一貫性と統一性

全ての教科において教科書をもとにした学習プリント(レジュメ)を準備しており、生徒はクラスに関係なく同じ内容の学習ができます。いくつかの単元の学習の後に、内容の理解状況を確認するための検定テストがあります。

講習や補習・特訓の体制

弱点克服

放課後補習・特訓
平日の放課後には、各教科の復習のための補習や発展的な学習のための特訓があります。また、英検、漢検、数検の対策講座も開講されます。
土曜特別指導・土曜特別補習
午前中の特別指導で1週間のまとめの学習を行います(希望制)。午後は少人数制の個別指導による特別補習を開講しています。
夏期・冬期講習
夏は10~15日間、冬は5日間の計画学習により、学力の定着をはかり不得意科目の克服や実力の錬成に重点をおいた指導を行います。

資格の取得と表彰

モチベーションの維持

モチベーションの維持

年間3回実施される英検・漢検・数検(希望制)の受検に向けて計画的に学習を進め、中学生全員が挑戦します。
学習の成果をたたえることで学習意欲を引き出します。学期ごとに各教科の成績最優秀者は「秀明博士」として表彰され、賞状と盾が贈られます。また、成績の伸長が著しい生徒は「躍進賞」や「努力賞」の表彰を受けます。

仲間や先生の支えが秀明博士の受賞につながりました

中山遼比古

中学2年 中山遼比古くん(千葉市立柏井小学校出身)

1年生の1学期に思うような成績を取れず、焦っていた僕を支えてくれたのが、クラスメイトや先生方でした。嬉しかったのは、尊敬する先生からの「君はひとりじゃない」という言葉。授業外でも友達と勉強会を開いて切磋琢磨しながら学んできた結果、2学期には社会と理科の2教科、3学期には英語・国語・音楽・保健体育の4教科で秀明博士を受賞することができました。秀明八千代で、暗記だけではなく、理屈を理解しながら勉強することの大切さを学んでいます。

秀明博士は意欲を持って勉強に取り組んだ証

山﨑朱花さん

中学3年 山﨑朱花さん(船橋市立豊富小学校出身)

姉が秀明博士として表彰されていたので、私も見習いたいと考えていました。秀明博士は学習意欲、テスト、課題への取り組みなど日々の努力が評価されるため、授業に集中し、家でも納得するまで問題に向き合うよう心がけました。その結果、1年生の1学期に国語・理科・地理、2学期に数学・家庭・音楽、3学期に英語・美術で秀明博士を受賞。苦手科目と積極的に向き合い、モチベーションを持って勉強に取り組んだ結果だと思います。高校でも全教科取得をめざします。