ホーム > 教育について > PGTプログラム > Pスキル

Pスキル

自分で考えて行動することの
できる実践力

Pスキル(実践力)とは、問題解決能力や処理能力、課題への適応力と柔軟性のこと。これからの社会では、行動力が何より求められます。社会に出て役に立つ実践力を身につけるために、さまざまな機会をとらえて実社会から学ぶとともに、実践活動を通してコミュニケーションの力を高めます。

Pスキル

体験型学習 調べる→まとめる→発表する

プロジェクト チームを作り計画を立てて実行する

プロジェクト チームを作り計画を立てて実行する

和食文化の要である「味噌」の仕込みを、大豆を栽培することから始め、吸水、煮込み、発酵などの全過程を体験します。

プロダクト もの作りを楽しむ

プロダクト もの作りを楽しむ

中学2年生でのイギリス英語研修のホームステイ先へのお土産として、日本文化を表す作品作りをします。

プラクティス 自分から進んで活動する

プラクティス 自分から進んで活動する

定期考査の最終日には、生徒会とボランティアの生徒が、近隣の通学路の清掃奉仕活動を行います。

パソコンスキル 情報リテラシーを身につける

パソコンスキル 情報リテラシーを身につける

情報リテラシーやモラロジーを理解するとともに、何を発信するかが学びの中心です。

職場見学・体験を通して社会人としての役割を考える

消防署、JA、銀行、地域新聞社、介護老人福祉施設、病院、秀明大学の各所において、それぞれ2日間の職場体験を行いました。体験を通して働くことの大変さを学ぶとともに、社会に貢献する喜びを知り、社会人としての役割を考えるよい機会になりました。

味噌づくりの大変さと地域による違いを知りました

松山 一さん

2年 松山 一さん(八千代市立八千代台小学校出身)

班ごとに異なる味噌づくりに挑戦し、僕の班では「麦味噌」を担当。できあがった味噌は風味が強く、家族にも「おいしい」と好評でした。地域によっていろいろな味噌があり、味噌づくりがどれだけ大変で時間がかかるのか、また食文化にも違いがあることが、よくわかりました。

英語に限らず人前で堂々と発表する自信がつきました

成田 百花さん

2年 成田 百花さん(松戸市立松ヶ丘小学校出身)

得意の英語を試したくて、秀明学園全体での英語スピーチコンテストに立候補しました。練習ではイギリス人の先生から「もっとジェスチャーを大きく」とアドバイスされ、恥ずかしさを克服。学年1位を獲得することができ、英語に限らず人前で発表することに自信がつきました。