ホーム > 教育について > PGTプログラム > Gスキル

Gスキル

独自の英語教育で
実際に役立つ力を習得

Gスキル(国際力)とは、英語能力、国際理解力のこと。21世紀を生き抜くために求められることの一つは、英語・英会話ができることです。”聴く・話す・読む・書く”の4技能すべてに重点をおき、実際に役立つ英語力の習得を徹底指導し、真の国際人を育成します。

Gスキル

独自の英語教育

ネイティブとのコラボ学習

学習の目的や方法を変えることで集中力が維持できます。ネイティブの表情豊かな発声をシャドウイングやオーバーラッピングすることにより、豊かな表現力が身につきます。さらに実技教科として「伝えること」を重視し、イングリッシュ・スタディ・センターなど“使える場”を豊富に設けています。

英検指導

受検級別に異学年合同で学ぶ

週1時間、1年生から3年生まで合同で級別に分かれて対策講座を受講。学年を超えた学び合いで意欲も向上し、高い合格率を達成しています。上位の級は、イギリス人教員との個人レッスンです。

少人数制英会話

標準より多い英会話の授業

イギリス人教員による英会話が週2時間、日本人教員による英語の授業が週4時間あり、授業時間は標準時間数より週3時間も多くなっています。

“英語を母語としない人々に英語を教える”資格と経験を持ったイギリス人教員

Mark Baines
Mark Baines
John Butler
John Butler
Kevin Churchley
Kevin Churchley
Stephen Driscoll
Stephen Driscoll
John McElhinney
John McElhinney
Aleš Miles
Aleš Miles
Edward O’Brien
Edward O’Brien
Luke Pimblett
Luke Pimblett