ホーム > 教育について > 中高一貫教育

中高一貫教育

国際化、情報化、福祉や健康への関心の高まりなど、社会の状況が多様化する中で、「希望や目標を持って生きる態度」「社会の一員としての自覚と責任」「望ましい人間関係の形成」に関わる指導を行い、社会に貢献できる資質を養います。

オープンキャンパスに参加(秀明大学)オープンキャンパスに参加(秀明大学)

6年間の流れ

前期

中学
1~2年
自分や社会を広く知る

中学1~2年

1年
・和食から日本の文化を知る。
・古典芸能を体験・鑑賞する。
2年
・日本とイギリスの文化を比較する。
・郷土の歴史や民俗から視野を世界へ広げる。

中期

中学3~
高校1年
将来の目標、自分の立ち位置を考える

中学3~高校1年

3年
・職場体験を行い、自分の適性を考える。
・社会問題を考え、大学の研究室を訪問する。
4年
・ライフプランを作成する。
・自分と社会の関係を考える。
・自分の中の学びの欲求を追求する。
・日々の勉強の意味を大きな視野で語る。

後期

高校
2~3年
目標の具現化を進める

高校2~3年

5年
・大学研究、学部、学科への研究。
・オープンキャンパスへの参加。
6年
・具体的な行動に移す。
・学びの目的を共有して励まし合う。

【NEWS】アカデミックスキルレッスン(Aスキル)開講

変わる大学入試に向けて、難関大学への合格力を中学から身につける特別補習を行います。

富谷利光

国語(論理的な読み書きの指導)

富谷利光
秀明大学学校教師学部教授

秀明八千代中学校長

岡野浩行

数学(数学的思考法の指導)

岡野浩行
秀明大学学校教師学部専任講師

学位:修士
東京大学教養学部卒業、東京大学大学院修了