ホーム > お知らせ

ニュース&トピックス

吹奏楽部、ニューイヤー・ジョイントコンサートで好演

1月21日(日)八千代市市民会館大ホールにて、八千代市立大和田中学校吹奏楽部、八千代市立萱田中学校吹奏楽部、秀明大学吹奏楽部と本校の中学・高校吹奏楽部合同による第2回ニューイヤー・ジョイントコンサートが盛大に開催されました。当日は第1部各校の単独ステージ(萱田中学校は1年生がインフルエンザ流行のためキャンセルとなりました)、第2部合同演奏ステージの構成で約2時間にわたって行われました。

オープニングに登場した本校の単独ステージでは、①華の伽羅奢~花は花なれ 人は人なれ~、②シャローム(テューバソロ:坂巻達也さん)、③ディズニー・メドレーが演奏されました。2曲目のソロで登場した坂巻さんは、本校を卒業後、東京音楽大学から航空自衛隊に入隊、現在航空自衛隊北部航空音楽隊のテューバ奏者として活躍されている吹奏楽部のOBです。

第2部の合同ステージでは、①ディズニー・ファンティリュージョン、②スピリティッド・アウェイ≪千と千尋の神隠し≫より、③ユーレイズ・ミー・アップ(テューバソロ:坂巻さん)、④ONE!の4曲、さらにアンコールとして①ダンシン・メガヒッツ、②翼をくださいの2曲が総勢140名の迫力あるサウンドで演奏され、観客を魅了しました。

なお、本校吹奏楽部の今年度最後を飾る第21回定期演奏会は、3月23日(金)18:00より白井市文化会館大ホールで行われる予定ですので、多くの方のご来場をお待ちしています。

高校空手道部 全国選抜大会へ3種目で出場決定

1月20日(土)・21日(日)神奈川県寒川体育館において、第26回関東高等学校空手道選抜大会が行われ、女子個人形に出場した萩山七帆さん(1年)は、南ブロック(千葉・東京・神奈川・山梨から各2名出場)1回戦で山梨県の代表、準決勝では神奈川県の代表、決勝では東京都の代表に勝ち優勝しました。

男子個人組手-61kg級の熊川遼君(1年)は、南ブロック(千葉・東京・神奈川・山梨から各1名出場)1回戦で、東京都の代表に勝ち、決勝戦は山梨県の代表に惜敗しましたが準優勝しました。

男子団体組手は、南ブロック(千葉・東京・神奈川・山梨から各2校出場)1回戦で山梨県の学校に勝ち、準決勝では東京都の学校に敗れましたが3位入賞しました。

メンバーは、中村赳大君、池上凌君、加藤和真君(以上2年)、根本力也君、桑野寛太君、山口健斗君、青木柊斗君、熊川君(以上1年)です。

この結果、女子個人形・男子個人組手-61kg級・男子団体組手の3種目で、3月26日から28日にかけて香川県高松市で行われる、第37回全国高等学校空手道選抜大会への出場が決定しました。

「瞑想を実践し、栄冠を手に」と高校3年生激励会開催

1月12日(金)5限、体育館で、大学入試センター試験を皮切りに、大学入試本番を迎える高校3年生を激励する会が催されました。太田学校長より創立者・川島寛士先生の「自然体、不動体でセンター試験にチャレンジしましょう」というメッセージが紹介されたあと、在校生を代表して、米山周君(高校2年)が「創立者先生にご指導いただいた『瞑想』を実践し、平常心を保って実力を発揮してください」と「激励のことば」を贈り、それに応えて藤本華さんが、高校3年生を代表して、「今日まで秀明八千代高等学校で学んできた自分の努力を信じ、また、創立者先生の『心はいつも前向きに保つ』『試験直前の粘りが“奇跡”を生む』というお言葉と、皆さん方や先生方の励ましを胸に、精一杯頑張ってくることをお約束します。」と「決意のことば」を述べました。

本校吹奏楽部顧問池永教諭 県アンサンブルコンテストで本校卒業生と共に東関東大会へ

本校吹奏楽部顧問の池永教諭は、12月17日(日)、聖徳大学附属女子高等学校奏楽堂で行われた第43回千葉県アンサンブルコンテスト一般の部に、本校吹奏楽部卒業生と秀明大学吹奏楽部卒業生を中心とした吹奏楽団体、フェリーク・アコルデ・ウインドアンサンブルの木管五重奏のメンバーとして出場し、「情感豊かな演奏で1人1人に歌があり細やかな表情が魅力的で好印象でした」と、審査員から高い評価を受け、見事金賞を受賞しました。さらに千葉県代表に選出され、1月28日(日)千葉県君津市民文化ホールで行われる第23回東関東アンサンブルコンテストに出場することが決定しました。
メンバーは下記の通りです。

フルート:川田花澄(本校卒業生)
オーボエ:高濱弥里(本校卒業生)
クラリネット:高野彩(秀明大学卒業生)
ファゴット:高橋絵梨(秀明大学生)
ホルン:池永晃典(本校教諭)

吹奏楽部 ニューイヤー・ジョイントコンサートのご案内

1月21日(日)、八千代市市民会館大ホールにおいて、八千代市立萱田中学校&八千代市立大和田中学校&秀明八千代中学・高等学校&秀明大学 ニューイヤー・ジョイントコンサートが開催されます。各校の単独演奏や160名による合同演奏を披露しますので、ご家族、ご友人をお誘い合わせの上、たくさんのご来場を心よりお待ちしております。詳細は下記の通りです。

日時 2018年1月21日(日)
開場:12時30分 開演:13時00分
場所 八千代市市民会館大ホール
客演 坂巻達也(現・航空自衛隊北部航空音楽隊チューバ奏者、本校卒業生)
曲目 ディズニー・ファンティリュージョン、千と千尋の神隠し ほか

PPRテニストーナメント大会男子団体で準優勝女子団体は6位

1月8日(月)、柏市逆井運動場テニスコートで行われた2017年度千葉県高等学校PPRテニストーナメント大会(今年度行われた千葉県公立学校大会と私立学校大会で、それぞれベスト4に勝ち残った学校の8校が対戦する大会)において、私学大会準優勝の本校男子は、主力選手欠場の中、1回戦で県立船橋高校に3-0、準決勝で幕張総合高校に2-1、決勝は私学大会優勝校の東京学館浦安高校に1-2と惜敗しましたが、堂々の準優勝でした。私学大会準優勝の本校女子も、主力選手欠場の中、1回戦で市立千葉高校に1-2で敗れたものの、敗者復活戦で八千代松陰高校に2-1で勝利し、5位決定戦では麗澤高校に1-2と惜敗し、第6位となりました。(メンバーは次の通り。敬称略)

男子メンバー <2年>大橋音王、山上綾太
<1年>三角理旺、鈴木陸翔、大川透也
女子メンバー <2年>黒川さくら、原田あやめ
<1年>中原優芽、根本穂乃花

関東選抜高校テニス大会 男子二連覇達成、女子は第3位

12月24日(日)~26日(火)千葉県白子町テニスコートにおいて、平成29年度第37回関東選抜高校テニス大会が行われました。

第1シードの男子は、1回戦で文星芸大附属高校(栃木県)に3-2、2回戦は霞ヶ浦高校(茨城県)に4-1と勝利し、続く準決勝では、早稲田実業学校(東京都)を3-2と破りました。続く決勝は、法政大学第二高校(神奈川県)との対戦になりました。息詰まる大接戦を制して、昨年に続き2年連続で優勝に輝きました。そして、関東大会では、見事に2年連続で夏・冬の連覇を達成しました。

第8シードの女子は、1回戦で東洋大学牛久高校(茨城県)に3-2で勝利すると、2回戦で第1シードの強豪山村学園高校(埼玉県)を3-2で破り、準決勝に進みました。準決勝では、第5シードの白鵬女子高校(神奈川県)に2-3と惜敗し、4年ぶりの決勝進出はなりませんでしたが、3位決定戦で共愛学園高校(群馬県)に3-2で勝利し、堂々の3位入賞を果たしました。

この結果、男女ともに3月20日~26日にかけて福岡県で行われる第40回全国選抜高校テニス大会へ推薦され、特に男子は全国トップ4シード入りが濃厚となりました。なお、出場校は1月30日(火)の選考委員会にて正式に決定されます(メンバーは次の通り。敬称略)

男子メンバー <2年>白石 光、坂川広樹、髙井雄乃介、加藤 潤、
大橋音王、増田雄哉、関 康憲
<1年>三角理旺、鈴木陸翔
女子メンバー <2年>西郷里奈、黒川さくら、原田あやめ、朝倉冬羽、小野華織
<1年>山崎郁美、進藤万里依、中原優芽、根本穂乃花

今後の予定

1月の予定

日にち 曜日 行事内容
9 始業式
10 実力テスト
13 センター試験校内受験(中学は授業)
14 センター試験校内受験(中学は授業)
17 高校推薦入試(13日の代休)
18 高校推薦入試(14日の代休)
19 英検
20 中学一般入試
27 中学校説明会、土曜特別指導
28 中学一般入試

2月の予定

日にち 曜日 行事内容
1 全校集会
3 土曜特別指導
5 高校一般入試Ⅰ期
7 中学一般入試
9 漢字検定
10 土曜特別指導
15 高校2年修学旅行
16 高校2年修学旅行
17 高校2年修学旅行、土曜特別指導、数学検定
18 英検2次
22 検定テスト
23 検定テスト
24 土曜特別指導、高校一般入試Ⅱ期

秀明学園の魅力が満載・・・書籍が発売されました

この度、秀明学園の教育力について取り上げた本『理想の教育がここにあった~各界で活躍する人材を生む秀明学園~』が講談社エディトリアルより出版されることになりました。

本書は、本校の最大の特色である「寮制」「中高一貫教育」にスポットを当て、フリーライターの川添道子さんが綿密な取材をもとにまとめ上げた力作です。

12月11日(月)から全国の書店で販売となります。是非ご一読いただきたくご紹介いたします。お近くの書店またはインターネット等でお求めください。

書籍『理想の教育がここにあった〜各界で活躍する人材を生む「秀明学園」〜』表紙

現在、緊急のお知らせは特にありません。

現在、緊急のお知らせは特にありません。