ホーム > お知らせ

ニュース&トピックス

高校水泳部、原口柊斗君が関東大会出場へ

6/22(金)~24(日)に千葉県国際水泳場で開催された第71回千葉県高等学校総合体育大会水泳競技大会において、原口柊斗君(3年)が200mバタフライと400m個人メドレーで決勝に進出しました。決勝では、両種目とも6位入賞を果たしました。この結果、7/21(土)~23(月)に神奈川県横浜市で開催される関東高校選手権に200mバタフライと400m個人メドレーでの出場が決まりました。
また、最終日に行われた4×200mリレーに出場した原口君、竹田凌君(3年)、山本優太君(1年)、和田雄向君(1年)は決勝に進出しましたが、残念ながら関東大会の標準記録に及ばず、9位に終わりました。

 

高校女子野球部、三上実穂さん(3年)が全日本女子野球U18強化選手に

全日本女子野球連盟U18強化選手のチームリーダーとして、三上実穂さん(3年)が選出されました。今後6月のオーストラリア遠征、侍ジャパン女子代表と強化試合などに参加する予定です。三上さんは右投げ左打ちの内野手で、攻走守、3拍子揃った選手で、チームではゲームリーダーの役割を果たしています。

吹奏楽部、東京国際音楽祭2018で好演

5月6日(日)本校吹奏楽部は、秀明大学とフェリーク・アコルデ・ウインドアンサンブル(秀明八千代高校と秀明大学の卒業生を中心に結成された社会人団体)とともに、日本工学院専門学校・方柳アリーナで行われた東京国際音楽祭に出演しました。

「銀河鉄道999」、「あの素晴らしい愛をもう一度」、「ディープ・パープル・メドレー」の3曲を演奏し、3団体が心を一つに迫力あるサウンドを披露しました。会場からは演奏中に自然と拍手が起こり、会場中が一体となった演奏となりました。

吹奏楽、ジャズ、日本舞踊などの日本全国屈指の団体や台湾から出場した団体もあり、大いに盛り上がった音楽祭となりました。この音楽祭の模様は、6月30日(土)、BSジャパン・23時30分より放映予定ですので、ぜひご覧ください。

男子シングルス優勝の白石君、女子シングルス準優勝の西郷さん他がインターハイ出場決定

5月2日(水)~4日(金)、千葉県総合スポーツセンターテニスコートで行われた、平成30年度千葉県高等学校総合体育大会テニス大会(個人の部)において、男子シングルスでは、第1シードの白石光君(3年)が優勝、第2シードの坂川広樹君(3年)が準優勝でした。女子シングルスでは、第1シードの西郷里奈さん(3年)が準優勝でした。

男子ダブルスでは、第1シードの白石・坂川組が優勝、加藤潤(3年)・三角理旺(2年)組がベスト8、女子ダブルスでは西郷・進藤万里依(2年)組が優勝、黒川さくら(3年)・山崎郁美(2年)組がベスト16でした。

この結果、男子シングルスで白石光君、坂川広樹君、女子シングルスで西郷里奈さん、男子ダブルスで白石・坂川組、女子ダブルスで西郷・進藤組が関東大会と共に8月1日(水)~8日(水)、三重県四日市市で行われる全国総合体育大会(インターハイ)の出場を決めました。

高校テニス部、団体は男女ペア優勝でともに関東大会へ

4月28日(土)・29日(日)、千葉県総合スポーツセンターテニスコートートで行われた平成30年度第71回関東高等学校テニス大会千葉県予選会において、第1シードの男子は1回戦シードの後、2回戦は麗澤高校に2対0、準々決勝は渋谷幕張高校に2対0、準決勝は東京学館船橋高校に2対1、決勝は東京学館浦安高校に2対1で勝利し、見事3年連続4度目の優勝をしました。

第1シードの女子は1回戦シードの後、2回戦は佐倉高校に2対0、準々決勝は市立柏高校に2対0、準決勝は八千代高校に2対0で勝利し、決勝では東京学館浦安高校に2対1で勝利し、3年ぶり8回目の優勝を飾りました。この結果、6月9日(土)~11日(月)まで山梨県甲府市小瀬スポーツ公園で行われる関東大会へ出場が決まりました。出場選手は以下の通りです(敬称略)。

〈男子〉白石光、坂川広樹、高井雄之介、加藤潤(3年)、三角理旺(2年)
〈女子〉西郷里奈、黒川さくら(3年)、山崎郁美、進藤万里依(2年)、小林日菜子(1年)

高校空手道部大健闘 関東大会へ全8種目で出場

5月3日(木)、4日(金)、千葉県武道館において、平成30年度第47回関東高等学校空手道大会、千葉県予選会が行われ、女子個人形で清水音乃さん(高校2年)が優勝、萩山七帆さん(高校2年)が準優勝、女子個人組手で鈴木香穂さん(高校2年)が優勝、嶋田さららさん(高校2年)が準優勝、稗田麻尋さん(高校2年)が3位入賞、女子団体形、女子団体組手ではともに優勝を果たしました。

男子個人形では池田慈恩君(高校3年)、秋葉匠吾君(高校3年)がともに3位入賞、男子個人組手では池上凌君(高校3年)が準優勝、中村赳大君(高校3年)、熊川遼君(高校2年)がともに3位入賞、男子団体形、男子団体組手ではともに準優勝をしました。この結果、全8種目で6月に茨城県で行われる関東大会への出場が決まりました。

<女子団体形メンバー>清水さん、鈴木さん、萩山さん
<女子団体組手メンバー>嶋田さん、稗田麻尋さん(高校2年)、清水さん、萩山さん、鈴木さん
<男子団体形メンバー>池田君、秋葉君、桑野寛太君(高校2年)
<男子団体組手メンバー>中村君、池上君、加藤和真君(高校3年)、熊川君、桑野君、根本力也君(高校2年)、青木柊冬君(高校2年)

平成30年度 オリンピック・パラリンピック教育推進校に指定されました

千葉県内の小・中・高等学校の中から本校が、平成30年度オリンピック・パラリンピック教育推進校に指定されました。高校は「スポーツプロジェクト」としてオリンピックアスリートを招いての講演会等を通して、夢を抱いてその実現に向けて努力する心を育成していきます。

高校空手道部、全国選抜大会に出場

3月26日(月)~28日(水)、香川県高松市で行われた、第37回全国高等学校空手道選抜大会に秀明八千代空手道部から9名が、男子個人組手、女子個人形、男子団体組手の3種目に出場しました。

メンバーは男子個人組手-61kg級で熊川遼君(2年)、女子個人形で萩山七帆さん(2年)、男子団体組手では中村赳大君、池上凌君、加藤和真君(以上3年)、根本力也君、桑野寛太君、山口健斗君、青木柊斗君、熊川君(以上2年)です。

高校女子野球部、全国高校女子硬式野球選抜大会にて準優勝

3月27日から埼玉県加須市で開催された第19回全国高等学校女子硬式野球選抜大会の開会式で、選手宣誓を主将の横山夕さんが立派にやり遂げました。1回戦・京都外大西高等学校に8対6、2回戦・埼玉栄高等学校に4対1と逆転で勝利し、続く3回戦・駒沢女子高等学校に5対2、準決勝では京都両洋高等学校に4対2で勝利しました。決勝では、8月のユース全国大会優勝の神戸弘陵学園高等学校に0対4で惜敗しましたが、創部3年目で全国準優勝という輝かしい実績を残しました。

全国選抜高校テニス大会、男子個人戦・白石光君が優勝、男子・女子団体はベスト16

3月20日(火)~26日(月)、福岡県の博多の森テニス競技場において、第40回全国選抜高校テニス大会が行われました。

男子団体はシード校として2回戦からの出場となり、2回戦、新田高校(愛媛県)に5-0と快勝し、3回戦、名経大市邨(愛知県)に2-3と惜しくも敗れましたが、ベスト16入りを果たしました。
女子団体は1回戦、致遠館高校(佐賀県)に3-2、2回戦、松商学園高校(長野県)に3-2と勝利し、3回戦では白鳳女子高校(神奈川)に健闘したものの2-3と敗退し、男子同様ベスト16となりました。

個人戦にはシングルス1の、男子・白石光君、女子・西郷里奈さんが出場しました。白石君は決勝まで順調に勝ち進み、決勝でも安定したストロークを武器に優位に試合を進め、見事優勝しました。この結果、白石君は「全米オープンジュニア」出場の推薦を受けました。
西郷さんは本戦1回戦からの登場でしたが、今大会準優勝を果たした早稲田実業学校(東京都)の選手に6-8と惜敗しました。

以下に男子・女子メンバーを紹介します(敬称略)。

男子メンバー
<3年>白石光、坂川広樹、髙井雄乃介、加藤潤、大橋音王、増田雄哉、関康憲
<2年>三角理旺、鈴木陸翔

女子メンバー
<3年>西郷里奈、黒川さくら、原田あやめ、朝倉冬羽、小野華織
<2年>山崎郁美、進藤万里依、中原優芽、根本穂乃花