ホーム > お知らせ > 高校演劇部、最優秀作品賞を受賞

ニュース&トピックス

高校演劇部、最優秀作品賞を受賞

演劇部は6月18日(火)、19日(水)に、千葉県立薬園台高校文化ホールで行われた千葉県高等学校演劇部会春季第六地区大会に出場し、本校史上初となる、最優秀作品賞を受賞しました。

上演作品は西田シャトナー作『ロボ・ロボ』。無人島に取り残されたロボットたちが、生き物の美しさや不思議さを感じながら、何とか自分たちの力で無人島を脱出しようと試みる演劇です。集まった観客からは「ロボットが、人間の世界に帰ろうと必死に戦う姿に切なさと悲しみを感じた。」「演出、音響、照明、演技、見事でした。」など、とても好評でした。

最優秀作品賞の他には、アナライザー役を演じた笹原晟弥君(3年)が「演技賞」に選ばれたのをはじめ、「音響賞」、「衣装・メイク賞」、「パンフレット賞」と、数々の賞を獲得しました。

演劇部の集合写真です。