ホーム > お知らせ > イギリス英語研修第2団便り5

ニュース&トピックス

イギリス英語研修第2団便り5

イギリス英語研修も3週目を迎え、後半となっています。11月3日(土)は3回目の小旅行で、大英博物館見学とロンドン市街地のフリータイムでした。朝カレッジを出発して2時間で大英博物館に入りました。館内に入るとその巨大さと世界中から集まる観光客の多さに生徒は驚いていました。フレンドシップごとに約1時間半の予定でフリータイムとなりました。ここでも、ワークシートが配布されて、生徒たちをその解答を求めて、広い館内を探し回りました。

1階のエジプトエリアでは、何と言ってもロゼッタ・ストーンに人だかりで、なかなか写真に収めることも出来ません。その奥には、パルテノン神殿の彫刻が多数展示されていて、その巨大さに驚くばかりです。2階にはミイラなどの古代エジプトの遺品が所狭しと並べられていました。その他イギリスの遺跡の中には、チェスやマスク、楽器など多岐にわたる文物が展示され、その技術の高さに驚かされました。

大英博物館の見学を終えた後、さらにバスでロンドンの中心部まで移動し、トラファルガー広場で解散となりました。約2時間のフリータイムに生徒たちは、フォートナム&メイソンで紅茶のお土産を買ったり、スポーツ用品店でスポーツ・ウェアを買うなど、思い思いにロンドンの街を堪能しました。

1回目のロンドン小旅行を楽しんだ生徒が次のような感想をまとめました。
「待ちに待ったロンドンでの小旅行に行って来ました。まず大英博物館に到着して、館内に入ると余りに人が多いのにびっくりしました。いろいろな国の言葉が聞こえ、さすがにロンドンは世界的な街であることを実感しました。まずロゼッタ・ストーンを見学し、とても感動しました。ガラスのケースに入れられているのは少し残念でしたが、石の表面には前日勉強した通り、ヒエログリフ・エジプト文字・ギリシア文字の3種類の文字が書かれているのを自分の目で確認することができました。次にパルテノン神殿の彫刻を見学しましたが、これらが皆アテネのパルテノン神殿から運ばれたのかと思うと不思議な気持ちがしました。そのあと、生まれて初めてミイラの実物を見ました。何か不気味なき感じで、一人で見るのは怖い気がしました。ロンドンの街はグループで見学しましたが、イギリスの国旗のキーホルダーや紅茶のお土産を買えて大満足でした。」(1年男子)