ホーム > お知らせ > 「瞑想を実践し、栄冠を手に」と高校3年生激励会開催

ニュース&トピックス

「瞑想を実践し、栄冠を手に」と高校3年生激励会開催

1月12日(金)5限、体育館で、大学入試センター試験を皮切りに、大学入試本番を迎える高校3年生を激励する会が催されました。太田学校長より創立者・川島寛士先生の「自然体、不動体でセンター試験にチャレンジしましょう」というメッセージが紹介されたあと、在校生を代表して、米山周君(高校2年)が「創立者先生にご指導いただいた『瞑想』を実践し、平常心を保って実力を発揮してください」と「激励のことば」を贈り、それに応えて藤本華さんが、高校3年生を代表して、「今日まで秀明八千代高等学校で学んできた自分の努力を信じ、また、創立者先生の『心はいつも前向きに保つ』『試験直前の粘りが“奇跡”を生む』というお言葉と、皆さん方や先生方の励ましを胸に、精一杯頑張ってくることをお約束します。」と「決意のことば」を述べました。