ホーム > お知らせ > 高校テニス部 新人テニス大会男子団体で優勝、女子は準優勝で関東選抜大会へ出場

ニュース&トピックス

高校テニス部 新人テニス大会男子団体で優勝、女子は準優勝で関東選抜大会へ出場

高校テニス部は、10月7日(土)に白子町サニーコート、8日(日)は千葉県総合運動場テニスコートにおいて、平成29年度・第49回千葉県高等学校新人テニス大会・団体の部が行われました。

第2シードの男子は、2回戦で市川南高校に5-0、3回戦は千葉東高校に5-0、4回戦は市立柏高校に4-0、準々決勝は船橋高校に3-0、準決勝でも幕張総合高校に3-0と圧倒的な力で快勝しました。決勝では、近年各大会の決勝戦で大接戦を演じている第1シードの学館浦安高校に3-1と勝利し、2年ぶり5回目の優勝に輝きました。

第2シードの女子は、1回戦で薬園台高校に4-1、2回戦は県立柏高校に3-0、3回戦は市立千葉高校に3-1、準々決勝は渋谷幕張高校に3-1と勝利し、準決勝は八千代高校に3-2と接戦を制し、2年ぶりに決勝に進出しましたが、第1シードの学館浦安高校に1-3で敗れ、惜しくも準優勝でした。

この結果、男女とも12月24日~26日にかけて千葉県白子町で行われる関東選抜高校テニス大会への出場権を得ました。

団体メンバー

男子 白石 光、坂川広樹、髙井雄乃介、加藤 潤、大橋音王、増田雄哉、関 康憲(以上高校2年)
鈴木陸翔、三角理旺(以上高校1年)
女子 西郷里奈、黒川さくら、原田あやめ、朝倉冬羽、小野華織(以上高校2年)
進藤万理依、山崎郁美、根本穂乃花(以上高校1年)
img_1548img_1551