ホーム > お知らせ

ニュース&トピックス

高校空手道部、インターハイで清水さんが5位入賞

7月28日(金)~31日(月)、福島県猪苗代町で行われた、平成29年度第44回全国高等学校空手道選手権大会において、女子個人形で清水音乃さん(1年)が、1回戦福島県の選手に5対0、2回戦埼玉県の選手に3対2、3回戦静岡県の選手に3対2、4回戦島根県の選手に4対1、5回戦京都府の選手に敗れましたが、1年生で見事5位入賞しました。

また、男子団体組手では1回戦シードの後、2回戦で沖縄県の学校に3対2で勝ち、3回戦は熊本県の学校に惜敗しましたが、初出場の団体組手でベスト16と健闘しました。

<男子団体組手メンバー> 高梨卓海君(3年)、中村赳大君、加藤和真君、池上凌君(以上2年)、熊川遼君・桑野寛太君、根本力也君(以上1年)
image2image3

高校テニス部、南東北総体(インターハイ)で、大活躍

8月1日(火)、福島県会津若松市会津風雅堂において開会式が催され、男女団体選手10名が千葉県代表として臨みました。競技は、8月2日(水)~8日(火)、会津総合運動公園テニスコートとあいづドームの2会場にて行われました。

関東地区1位で第2シードの男子団体は、初戦の2回戦は大阪府代表・近大附属高校に圧勝しました。3回戦は徳島県代表・城南高校と、準々決勝は福岡県代表・柳川高校と対戦し、ともに接戦を制し、準決勝では岡山県代表・岡山理大附属高校に勝利し、初の決勝進出を果たしました。決勝では、今春の全国選抜を制した第1シードの兵庫県代表・相生学院と対戦し、健闘むなしく敗れましたが、堂々の準優勝でした。

<男子団体メンバー>

清水一輝君(3年)、白石光君、坂川広樹君(以上2年)、鈴木陸翔君、三角理旺君(以上1年)

男子シングルスでは、白石君が、1回戦で福島東高校、2回戦で沖縄尚学高校にともに快勝し、3回戦では清風高校(大阪府)、4回戦では静岡市立高校に接戦の末9-8で勝利しました。準々決勝では東海大菅生高校の選手に6-4、7-6で勝利し、準決勝で団体戦でも敗れた相生学院に敗れたものの、見事3位入賞を果たしました。また、坂川君は1回戦近大附属高校、2回戦武義高校(岐阜県)、3回戦霞ヶ浦高校(茨城県)に勝利し、続く4回戦で関東地区1位の早稲田実業に敗れましたが、ベスト16と健闘しました。また、男子ダブルスの清水・白石組は、1回戦開星高校(島根県)に勝利しましたが、2回戦で静岡市立高校に敗れ、ベスト16入りはなりませんでした。

10年連続出場を果たした女子団体は、1回戦島根県代表・開星高校に快勝し、2回戦では今春の全国選抜準優勝校で今大会第2シードの強豪柳川高校の果敢に挑み、4時間を越える大接戦の末敗れました。

<女子団体メンバー>

中村冴香さん、小泉茜さん(以上3年)、西郷里奈さん(2年)、進藤万里依さん、山崎郁美さん(以上1年)

女子シングルスの西郷さんは、1回戦で帝京大可児高校(岐阜県)、2回戦で広陵高校(広島県)、3回戦京都外大西高校、4回戦前橋育英高校(群馬県)に勝利しました。続く準々決勝では、岡山学芸館高校の選手にフルセットの末敗れましたが、見事ベスト8入りを果たしました。中村さんは1回戦で立命館守山高校(滋賀県)に勝利しましたが、2回戦で第2シードの柳川高校に敗れました。

この結果、白石君と西郷さんは、29年度の全国高等学校テニスランキングで上位入りとなりました。

image2image3

中学生を対象にオープンスクールを開催

7月29日(土)、30日(日)の両日、生徒会の生徒により司会進行で、秀明の1日、年間行事の紹介、イギリス英語研修紹介のあと、秀明での生活に関するクイズコーナーと吹奏楽部による部活動実演などが行われました。その後、希望する部活動の活動場所に分かれて、練習の様子の見学や学校施設見学などが行われました。2日間とも訪れた中学生やその父兄でスポーツセンターがいっぱいになるほどの盛況のうちに終わりました。

IMG_5907IMG_5917
IMG_5907IMG_5917
IMG_5917
IMG_5907

オープンスクール臨時バス運行のご案内

オープンスクール・学校説明会の開催に伴い臨時バスを運行致します。
バス乗り場の案内などは下記をご覧ください。

map1

map2

map3

map4

map5

インターハイに出場する18名の選手が八千代市の激励会に参加

CIMG1246

7月11日(火)、インターハイ出場選手のうち、大会参加等で公欠の1名を除く18名と、空手道部顧問の濱口教頭、テニス部顧問辻村教諭が、八千代教育委員会庁舎2階会議室で行われた平成29年度全国高等学校総合体育大会出場激励会に参加しました。服部友則八千代市長から激励のことばをいただいた後、引率教員の紹介と選手代表が大会へ向けての意気込みを述べ、インターハイへの決意を固めました。

参加選手

空手道部 高梨卓海君(3年)、中村赳大君、加藤和真君、池上凌君(以上2年)、熊川遼君、桑野寛太君、根本力也君(以上1年)、北川空さん(3年)、清水音乃さん(1年)
テニス部 清水一輝君(3年)、白石光君、坂川広樹君(以上2年)、鈴木陸翔君、三角理旺君(以上1年)、小泉茜さん(3年)、西郷里奈さん(2年)、山﨑郁美さん、進藤万里依さん(以上1年)

「認知症サポーター養成講座」を開講

7月11日(火)の放課後、八千代市主催の「まちづくりふれあい講座」の一環として、阿蘇地域包括支援センターの方による「認知症サポーター養成講座」が開講され、高校生の希望者12名が受講し、認知症状のある方の特徴や接し方、地域社会でのサポート方法について説明を受け、サポーターとしてできることについて理解を深めました。

認知症2 認知症1

性犯罪等被害防止講演会が開かれる

7月11日(火)、本校体育館において、千葉県警察生活安全部子ども女性安全対策課の婦人警官の方々などを招いて、性犯罪等防止講演会が開かれました。「あおぼーし」という女性のための防犯ポイントを示した標語を紹介しながら、ストーカー対策のアニメのDVDの上映や、痴漢に遭った時の護身術の披露など生徒たちは真剣に聞き入っていました。

「今まで自分は被害に遭わないだろうと思っていましたが、性犯罪が意外に身近なものなのだと感じました。通学で電車を利用する時のエスカレーターの乗り方や痴漢への対処法を覚えておこうと思いました。」(高校1年女子)

 「今日の講演会で、こんなにも犯罪の種類があるのだと驚きました。何か被害に遭うようなことがあったら、隠さずに家族などに相談し、防ぐようにすることが大切だと思いました。襲われそうになったときの護身術を、覚えやすくおもしろく教えてもらったので、万が一の場合に実行できるようにしたいです。」(高校3年女子)

image2image3

高校3年生が秀明大学で分子生物学実験に参加

7月11日(火)に秀明大学において高校3年生が分子生物学実験を行いました。秀明大学学校教師学部の寺前洋生准教授の指導の下、「PCR法によるDNAの増幅実験」や「電気泳動法による遺伝情報の解析実験」の内容で大学の研究室を使用して授業を行っていただきました。
高校の生物室の環境で行うことが難しい、目に見えないDNAの挙動を体感することで、これらの手法に関する理解が深めました。

2389image2image3

高校水泳部、原口柊斗君(2年)が関東大会出場へ

20170701

6月23日(金)~25日(日)に千葉県国際水泳場で開催された第70回千葉県高等学校総合体育大会水泳競技大会において、原口柊斗君(2年)が200mバタフライと1500m自由形で決勝に進出しました。決勝では、両種目とも関東高校選手権の標準記録を突破し、1500m自由形は惜しくも10位で入賞を逃しましたが、200mバタフライは8位入賞を果たしました。
この結果、栃木県小山市で開催される関東高校選手権に200mバタフライでの出場が決まりました。

高校野球部、本校の初戦は7月12日(水)

第99回全国高校野球選手権千葉大会が、7月11日(火)に開会式が行われ、本校の初戦は7月12日(水)、13時45分からゼットエーボールパークの第3試合で、拓殖大紅陵高校と対戦する予定です。日頃鍛えた練習の成果を発揮すべく、まずは初戦突破を目指して、選手たちの気持ちも高まっています。