ホーム > お知らせ

ニュース&トピックス

高校テニス部 県新人テニス大会(個人の部)で男子シングルス3位

11月9日(土)・10日(日)に千葉県総合スポーツセンターテニスコートにおいて、第51回千葉県高等学校新人テニス大会(個人の部)が行なわれました。

男子シングルスでは、田原嘉人君(2年)が第2シードの選手を破り、準決勝戦まで勝ち進み、3位に入賞しました。鉄矢朝大君(2年)はベスト8進出を果たしました。
男子ダブルスでは、田原・鉄矢ペアがベスト8と健闘しました。他の上位入賞選手は、以下の通りです。

《女子シングルス》
ベスト32:小林日菜子さん(2年)
《女子ダブルス》
ベスト32:小林・朝倉秋羽さん(2年)ペア

吹奏楽部 八千代市長表敬訪問が行われました

11月13日(水)、八千代市役所市長公室にて、吹奏楽部顧問の池永晃典教諭、元部長の戸祭淳美さん(3年)、元副部長の吉川裕香さん(3年)、現部長の竹石芳華さん(2年)が八千代市役所を訪れ、市長表敬訪問が行われました。

先日石川県金沢市で行われた第19回東日本吹奏楽大会での金賞受賞の偉業に対して、八千代市長の服部友則氏から「東日本初出場で金賞、素晴らしいです。来年の1年生の部員がたくさん入るといいですね。本当におめでとうございます。」と激励のお言葉をいただきました。

女子水球部、第10回アジアエージグループ選手権に出場

9月24日(火)から30日(月)まで、インド・バンガローで行われた、「第10回アジアエージンググループ選手権」に砂邊亜衣さん(2年)、井上萌々さん(2年)、杉山華音さん(1年)が日本代表として出場しました。初戦、スリランカと対戦し63-4で勝利。続いてインドに22-12、ウズベキスタンに16-12、中国に14-11と順当に勝利し、4勝全勝で迎えた最終戦、カザフスタンに11-7で勝利と力の差を見せつけ優勝しました。

オリパラ特別講演会を開催

千葉県オリンピックパラリンピック教育推進プロジェクトの一環として、校外からゲストをお迎えして全校生徒を対象に特別講演会を開催することとなりました。

第1回は来週11月21日(木)に日本財団常務理事オリパラセンターCEOの小澤直氏の講演です。来年開催される東京パラリンピックを支えるパラリンピックサポートセンターの最高責任者・小澤直氏を本校にお招きし、「パラリンピックが日本を変える」と題して、東京2020パラリンピックへの希望や期待を熱く語っていただきます。

第2回は来月12月17日(火)、パラリンピックアスリート・秦由加子選手の講演です。秦選手は13歳の時に骨肉腫を発症し右大腿部を切断する大きな障害を抱えながら、24歳の時に10歳から始めた水泳を再開し、パラオリンピック強化指定選手に指名され、2014、2015年世界トライアスロンシリーズ横浜大会を連覇、2016年リオデジャネイロパラリンピックのパラトライアスロン第6位入賞を果たしました。当日は「障害を持つこと~人生を変えたパラリンピック」と題してお話をいただき、苦悩と喜びの生の声を聴くことのできる貴重な機会となります。どちらの講演会も、生徒は最大級のおもてなしの心でゲストをお迎えし、実りのあるお話を聞けると楽しみにしています。

イギリス英語研修1団・2団が無事に帰国

11月13日(水)、14日(木)に4週間のイギリス英語研修を無事に終えた、第1団、第2団の生徒141名が羽田に到着し、それぞれの家路に着きました。最後の4週目は、9日(土)に2回目のロンドンを訪れました。今回はグリニッジから船でテムズ川を上り、ロンドン塔、タワーブリッジ、ウエストミンスター寺院、ビッグベンなどを見た後、自由時間となりました。以下は生徒の感想です。

「テムズ川から見るロンドンは、とてもきれいな景色でした。ロンドンの高層ビルは光り輝いていて、まぶしいくらいでした。ロンドンの街ではピカデリーサーカスに行ってみました。街は大変にぎやかで、ロンドンが世界的な大都市だということがよくわかりました。ただ、ビルの数は東京ほど多くないので、東京よりもすっきりしている印象で、洗練されている感じがしました。」(1年・男子)

「テムズ川からは通称『アルマジロ・ビル』や『チーズグレイダー・ビル』など、珍しい形のビルがたくさん見られました。また、ロンドン・アイやタワーブリッジなど、前日の事前学習を生かしながら見物できたのが良かったです。ショッピングでは『フォートナム&メイソン』に行きました。私はイギリスに来る前は紅茶が好きではありませんでしたが、イギリスで多く飲むうちに好きになり、ぜひ家族と一緒に飲みたいと思ったからです。」(1年・女子)

高校空手道部、4種目で関東選抜大会出場決定

11月9日(土)・10日(日)、千葉県武道館において、令和元年度千葉県高等学校新人戦が行われ、8種目(男女団体組手・男女団体形・男女個人組手・男女個人形)で入賞を果たす輝かしい成績を収めました。この結果、4種目(男女団体形・女子個人組手・女子個人形)で1月に山梨県で行われる関東選抜空手道大会への出場が決まりました。

成績・メンバーは次の通りです。

【成績】
優勝:女子団体形、女子個人組手・須賀田華弥さん(1年)、女子個人形・徳永愛心さん(1年)
準優勝:男子団体形
3位:男子団体組手、女子団体組手、男子個人形・石川泰智君(1年)、女子個人形・島田杏さん(1年)
4位:男子個人組手・石田基君(2年)、鈴木健太君(1年)、女子個人形・須賀田さん(1年)

【メンバー】
女子団体形:徳永さん、島田さん、須賀田さん、大野美桜さん(以上1年)
男子団体形:石川君、鈴木健生君、橋本旺弥君(以上1年)
女子団体組手:川崎美結さん(2年)、徳永さん、島田さん、須賀田さん、大野さん(以上1年)
男子団体組手:石田君(2年)田中翔瑛君、石川君、友部力輝君、鈴木健太君(以上1年)

イギリス研修はケンブリッジ、ロンドンへ

イギリス研修はケンブリッジ、ロンドンへ
イギリス研修はケンブリッジ、ロンドンへ
イギリス研修はケンブリッジ、ロンドンへ

高校1年生のイギリス英語研修では、小旅行が何度か行われています。
10月26日(土)はケンブリッジへ。ケンブリッジ大学を中心としたこの街は、古い建物が多く、日本とは全く違う街並みが見られます。生徒たちはケム川の川下りで、カレッジ群の建物の景観を楽しみました。

10月30日(日)はリーズ城とアシュフォードへ。「世界一かわいいお城」と評されるリーズ城で、貴族の生活に思いを馳せた後、アシュフォードでショッピングを楽しみました。

11月2日(土)はいよいよロンドンへ。大英博物館を見学した後、自由時間となり、ロンドンの名所を訪ねたり、ショッピングを楽しんだりと、思い思いに過ごしました。ショッピングではイギリスのデパート「フォートナム&メイソン」に行く生徒が多かったようです。

イギリスの空気に触れながら、楽しい日々を送っています。

高校空手道部 国民体育大会少年女子組手準優勝

高校空手道部~国民体育大会少年女子組手準優勝

9月28日(土)~30日(月)、茨城県牛久市で行われた、令和元年度第74回国民体育大会 空手道競技において、3年嶋田さららさんが少年女子個人組手で見事準優勝を果たしました。

イギリス英語研修が順調に行われています。

高校1年生141名が、CCC(Chaucer College Canterbury)にて現在イギリス英語研修を行っています。ホームステイも素敵な家庭ばかりで、生徒たちは何とかコミュニケーションをとりながら、イギリスの家庭の温かさを十分に味わっているようです。英語の勉強では、文法はもちろん、ケント大学に行って学生にインタビューするなど、実践的な英会話も行われ、充実した日々を過ごしています。

#
#
#
#

吹奏楽部 東関東代表として出場した東日本大会で金賞受賞

吹奏楽部 東関東代表として出場した東日本大会で金賞受賞
やりきった演奏後に記念撮影

10月13日(日)、石川県金沢市・金沢歌劇座大ホールで行われた第19回東日本学校吹奏楽大会に東関東代表として出場し、見事金賞を受賞しました。東日本大会初出場での金賞は、快挙です。

審査員の先生方から、「バランスの良い美しいサウンドで全体を通して大変音楽的な演奏だった」「魅力的な音楽で演奏者達の積極的な姿勢が伝わってきた」「終盤のコラール的な部分の表現が特に良かった」「音楽のドライブ感の良さが印象的で曲想の変化への集中力も大変素晴らしかった」と絶賛され、高い評価を得ています。

部長の2年・竹石芳華さんは「東日本大会出場創部初で金賞受賞。信じられない思いもありますが、今までみんなで心を一つにして頑張ってきたので、このメンバーとの最後の大会で最高の結果で終われたことを嬉しく思います。いつも支えてくださる学校関係者、保護者の方々に感謝しています。この結果に満足せず、これからも聴衆の心に響く音楽を池永先生と一緒に作り上げたいと思います。」とコメントしています。