ホーム > 教育について > 学習指導

学習指導

きめ細かな学習指導で
一人ひとりの資質を伸ばします。

不得意教科を克服し、得意教科を伸ばすために、各教科とも少人数グループによる放課後補習が行われています。希望者は全員受講して、指導を受けることができます。

到達度別学習

生徒個々の現状を十分に把握し、学習到達度に応じたクラスの編成で授業を行っています。クラスは、生徒の学力向上に応じて学期ごとに編成替えをします。

土曜講習と夏期・冬期講習

土曜日は講習で授業内容の定着をはかるとともに大学入試に合格する実力を養成しています。さらに、夏休みは10日間(特別進学コースは15日間)、冬休みは5日間の講習を実施しています。

検定テスト

定期テストの前に「秀明検定テスト」を実施しています。授業の理解度を測るための小テストを、合格点が取れるまで何度も繰り返すことで、「できるまで学習させる」指導をしています。

コンピュータ実習

情報の授業では、基本的なコンピュータ・リテラシーをはじめ、情報技術の習得をめざします。また、「ICTプロフィシエンシー検定試験(P検)」などの資格取得にも力を入れています。

秀明博士と躍進賞

生徒の意欲を引き出すために、「秀明博士」の制度を設け学習成果をたたえています。毎学期、各学年、各教科の成績最優秀者に称号が授与され、賞状と盾が贈られます。また、成績の伸長が著しい生徒には「躍進賞」が贈られます。

資格取得(英検、漢検、数検、文章検)

各種検定の受検を奨励し、学習目標の一つにしています。全生徒が「実用英語技能検定(英検)」と「日本漢字能力検定(漢検)」を、希望者は「実用数学技能検定(数検)」を受検。さらに1、2年生全員が「文章読解・作成能力検定(文章検)」を受検し、新大学入試に対応しています。